ブログ

BLOG

キレイな人がしてる白髪染めは茶色!
|白髪染め|菊池 真里亜

「キレイな人」がしている習慣ってなんだろう?

肌も髪もツヤツヤ。

表情も艶やか、優しい、心豊か。

 

誰がみても憧れる存在の女性です。

私が今まで担当させていただいたお客様も

上記のような条件に当てはまってあられる

素敵な女性ばかりです。

そんな素敵な皆様の「髪」の分野で美のお手伝いをさせていただいております。

白髪の悩み

白髪が出てきたら「白髪染め」です。

私は「白髪染め」を行う「行為、目的、結果の不一致」感に疑問を持ち続けていました。

キレイになるために、毎月、白髪染めをする。

若々しくいたいから、毎月、白髪染めをする。

白髪染めをするということは、白髪を消す。白髪がない頃の印象に戻す。

白髪があると老けて見えるから、白髪染めをして白髪を消す。

 

白髪染めの目的は

・若々しい印象を保ちたい

 

のはずだと思うのです。

しかし、なぜ。

「白髪染めしてます!」と、街ですれ違った人でも

感じてしまうほどの違和感。

不自然な黒み、濁り、くすみが出てしまうのでしょう。

「白髪染めに切り替えたくないな。」

と、思われることも、

無意識なうちに、

「白髪染めしている人」=「老け込む」

と、考え方が染み付いているからではないかと考えました。

【衝撃スクープ 前編】黒より白髪が染まる色  マイナス10歳若返る美肌を作る前にまずは髪の艶を出しましょう

 

※私も10代の頃、

おばあちゃん=白髪染め オバさん=白髪染め 

「自分も40歳になったら、あんな風になるのかな?」

「ちょっとやだな。。。。」

と、感じていたことを思い出しました。

 

固定概念を突破するには、まず今までの常識を変えることです!

白髪染め=黒く、くすむ、老ける

から

白髪染め=茶髪、艶やか、若くなる

新時代到来です!

 

 

皆様の20代、30代のころ楽しまれてきた

ファッション

遊び、ヘアスタイル、ライフスタイル。

にリンクした楽しみ方をされるだけです!

明るいと下品に見える。

これも固定概念です!

明るいとなぜ下品に見えるのか。

これは、「艶がないから」です。

若いころに経験されたハイトーンカラーが傷んでいた

ご経験が記憶されていたり、街ゆく人、身近な方の髪をみて

「品がないな」と感じたご経験があるからではないでしょうか?

【衝撃スクープ 後編】黒より白髪が染まる色で得してます!

 

昔は、昔。

今は、今です!!

 

明るくても艶やかなお髪をされている方は、上品です!

歳を感じさせないエネルギーがあったり、

洋服も今の流行りを取り入れながら

おしゃれに着こなされています。

とにかく、

人生を楽しんでいらっしゃる!!

ハッピーオーラが滲み出てあられます!

CALONで担当させていただくお客様は

皆様、今のトレンドカラーを楽しまれたり、ハイトーンカラーを楽しまれたり、

自分やりたいこと、なりたい印象を叶えられています!

「キレイな人の白髪染めは茶色」です。

 

少し長くなってしまったのでm(_ _)m

ヘアカラーで艶が出る秘訣についてはまた今度お話いたします!

 

忘れられない楽しかったあのころに。

新時代の変化に身をまかせて。。。

時を戻してみませんか?

 

諦めないでください!ぜひ、お手伝いさせてください(^_^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

お気軽にご相談ください。

 

CALON 菊池真里亜

 

 

 

 

 

 

 

菊池 真里亜

店長・カラースペシャリスト
菊池 真里亜
MARIA KIKUCHI

OTHER BLOG

PAGE TOP