ブログ

BLOG

黒くなりすぎない自然な黒染め
|ヘアカラー|松田 力丸
 
こんにちは!
 
 
 
CALON銀座 松田力丸です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、お客様からこんなお悩みを頂きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒髪にしたいけど黒くなりすぎたくない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
就活や転職で面接に行かれる方々や長期休みに染めた学生の方々と、
黒く染めなくてはならない方々が増えてくると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
就活や転職は第一印象が勝負です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒くなりすぎない自然な黒染めカラーを、
ご提案させていただいてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
before↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
履歴は、
 
 
 
 
 
 
・8〜9トーンぐらいに退色
 
 
 
・毛先にパーマが残ってるいる
 
 
 
 
 
 
 
大きくみて2つが挙げられます。
 
 
 
 
 
 
 
 
カラーリングやパーマは
アルカリの力によってキューティクルが開き薬剤が髪の毛の中に浸透していきます。
 
 
 
 
 
 
キューティクルが開くと髪の毛の中の栄養成分が流失し水分、油分も欠落してしまうと髪の毛が空洞化しダメージを引き起こします。
カラーリングとパーマどちらもされている方は、
2倍の負荷がかかりダメージがひどい状態にあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダメージがひどい場合、
髪の毛の中に水分も油分も欠落してしまうとカラーリングした際に髪の毛が薬剤を吸収しやすく、
髪の毛に色が濃く入り黒くなりやすい傾向が見られます。
 
 
 
 
 
 
 
黒くなりすぎないよう、
使用するカラー剤の選択が最も重要です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【ブラウンを使った黒髪カラー】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自然な黒髪カラーを表現するカラー剤は、
黒に近いブラウンを使用します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒染めのカラー剤には黒い染料が含まれており仕上がりに、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・青っぽい黒になった
 
 
 
 
 
 
・黒染めしたら明るくできないと言われた
 
 
 
 
 
 
・黒光りしてて嫌だ
 
 
 
 
 
 
・髪のごわつき感ある
 
 
 
 
 
 
など色々なお悩みを抱える方がたくさんいらっしゃると思います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダメージも極力軽減させ、
透明感を残しながら黒染めカラーをしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
after↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綺麗に仕上がりました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛先のパーマがかかっている箇所には薬剤が過剰に反応を起こし黒くなりすぎないように、
「クリア剤」といった透明の薬剤を全体の30%調合をし色の濃さをコントロールすることで全体が均一に染め上がります。
 
 
 
 
髪の毛の状態や髪質に合わせて、
お客様のお悩みのお役に立たせて頂けましたら嬉しいです!
 
 
 
ご来店、心よりお待ちしております。
 
 
 
 
CALON 銀座 松田力丸
 

松田 力丸

縮毛矯正師・カラーリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATHUDA
PAGE TOP