ブログ

BLOG

全体的に縮毛矯正をかけるべき?それとも前髪だけ?
|髪質改善|松田 力丸
 
 
こんにちは!
 
CALON銀座 松田力丸です!
 
 
「前髪だけ縮毛矯正をすると他の部分と髪質が異なり不自然になってしまうか不安。
この場合、全体的に縮毛矯正をかけたほうがいいのか?それとも前髪や顔まわりだけにかけたほうがいいのか?」
 
 
 

 
 
お客様からお悩み頂きました。
 
ありがとうございます!
 
 
縮毛矯正は、お客様のご要望に応じて部分的にかけることのできる施術です。
 
 
 
 
・前髪だけに部分的に縮毛矯正をかける
 
 
・前髪の内側の生え際だけ部分的に縮毛矯正をかける
 
 
・もみあげより前の髪の毛だけに部分的に縮毛矯正をかける
 
 
 
 
 
といった具合に、
ピンポイントでくせやうねりをうまくコントロールするため必要な箇所だけに縮毛矯正されるお客様もいらっしゃいます!
 
 
 
 
 
 
全体にかけるか前髪・顔まわりだけにかけるかは地毛のくせの状態やダメージ具合にもよりますが、部分的な施術をオススメしております。
 
 
前髪だけ縮毛矯正すると他の部分と髪質が異なって不自然になる不安をお持ちの通り、
部分的な縮毛矯正は上手く施術しなければ全体的に不自然な仕上がりになる恐れもございます。
 
 
 
部分的な縮毛矯正は、
デリケートかつ慎重さが求められる施術でもあり薬剤選定や技術力が求められます。
 
 
前髪before↓↓↓
 
 
 
 
 
前髪や顔まわりは真っ直ぐになりすぎてしまい目立ってしまう箇所でもあり、
強い薬剤を使用してしまうと不自然な仕上がりになってしまいます。
 
 
 
 
 
【等電点を見極めた薬剤選定】
 
 
等電点とは、
髪の毛が最も健康な状態の事で1〜14までの酸性からアルカリ性の強さを示す数値です。
真ん中の7が中性ですので、
髪の等電点は4.5〜5.5の弱酸性となります。
 
 
 
 
くせやうねり、髪の毛の状態を見極めて髪の毛が最も健康な状態に近づけるために、
酸性域の薬剤を使用し等電点へと近づけていきます。
 
 
 
 
前髪After↓↓↓
 
 
 
 

 
 
等電点へと近づけた髪の毛は、
不自然さがなく柔らかく滑らかで、
まるで地毛のような髪質へと改善します!
 
 
全体にかける場合も、
 
 
 
全体before↓↓↓
 
 
 
 
 
 
全体After↓↓↓
 
 

 
 
根元のくせ、うねり、毛先のダメージ具合によって等電点へと近づけた薬剤で縮毛矯正をかけることで、
不自然な仕上がりがなくなり前髪をかけた時と同じような仕上がり感へと改善します。
 
 
 
縮毛矯正をかける不安やお悩み、相談事がございましたら是非ご相談にご来店下さい!
 
皆様のお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。
 
 
 
ご来店、心よりお待ち申し上げます!
 
 
CALON銀座 松田力丸

松田 力丸

縮毛矯正師・カラーリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA
PAGE TOP