ブログ

BLOG

白髪をぼかすハイライトを入れた後が重要です!
|白髪染め|菊池 真里亜

最近、白髪をいかす、ぼかすヘアカラーデザインが流行してきていますが

ご満足のいく仕上がりになっていますか?

 

「白髪が増えてきたからすごく気に入っている!!」

という方もいらっしゃる中、

「あれ・・・?想像と違う気がする。」

「思っていたよりも、奇抜な・・・・」

という方もいらっしゃると思います!

 

皆様は白髪をカラーリングしていて

今の髪色、明るさに満足されていますか?

 

白髪がなくなるイメージは想像通りですか?

「ハイライトを入れて白髪を散らす」

白髪を散らしたら、茶髪に馴染んで、

白髪が消えて無くなるイメージで

オーダーしていませんか??

60歳白髪ぼかし栗色

※上部写真は60歳女性。

黒髪部分が顔まわりに多く、普通の白髪染めを繰り返していたところ

顔まわり部分が黒く、濁っていてくすんだ印象でした。

馴染むハイライトで透明感をベースに仕込み、

グレイカラー2.0で根元をクリアに染め、

毛先部分は微アルカリカラーで艶と、潤いを戻し

ハイライトで作った透明感と立体感はほのかに残しつつ

栗色で優しく包みました。

年齢不詳の若々しい自然な髪質に変化しています。

 

冷静に考えてみてください。

普通は、、、

白髪が散る→白髪が増えたように見える可能性がある

白髪が散る→白髪が剥き出し。ぎらつきが増える可能性がある

白髪が散る→全体がムラっぽくざらついて見える可能性がある

白髪が散る→メンズライクな貫禄が出やすくなる

etc・・・

 

そのほかにも、白髪をメッシュでぼかして散らした時に

メッシュしっぱなしの状態だと、

女性らしさ、フェミニンさ、優しさ、可愛さ、なめらかさ、潤い。

などのイメージとはかけ離れた印象になってしまいます。

 

※CALONのグレイカラー2.0

 

 

「えーーー・・!!?_:(´ཀ`」 ∠):」

「どうしたらいいの??」

 

でも、大丈夫です!!ご安心ください!

白髪をぼかすために入れるハイライトは、

白髪と黒髪のコントラストを和らげてくれるので

とてもいいことです!!

 

そのあとのカラーリングが「鍵」になってくるのです

「どうゆうこと?」

 

それは、

ハイライト(メッシュ)で作った部分を

馴染ませて消します。

 

「せっかく入れたのに、消しちゃうの?」

 

ハイライト(メッシュ)を

デザインカラーとして見せたい時は

立体感が残るように薬剤を調合します。

普通に一色染めをしたように仕上げたいときは

透明感を感じるニュアンスだけ残して

線を消していく薬剤調合をします。

 

ハイライトの後は、パサつきやすくなります。

潤いを戻すために「微アルカリカラー」を使用し、

キューティクルのキメを整え、

染料を入れながら艶を出していきます。

 

グレイカラー2.0

なら!白髪がない頃に染めていたアッシュカラーや

ベージュカラー、チョコレートブラウンカラーなど!!

白髪があるからできない!

と、いう制限は気にされなくて大丈夫です!!

 

なりたい印象に合わせてやりたい色を!

色々やりましょう!!( ´ ▽ ` )

 

白髪も消したいけど、

明るいカラーもしたい!

今までのカラーリングに満足し切れていない!!

というお悩みの方がこのブログにたどり着き

読んでくださっていたら、ぜひ一度!

CALONにご相談ください!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊池 真里亜

店長・カラースペシャリスト
菊池 真里亜
MARIA KIKUCHI
PAGE TOP