美容特集

CONTENTS

ハイライト・ブリーチハイライト・白髪ぼかしハイライト

ハイライトを、してみたいけど?

ハイライトとは、ライン状に髪をデザインをするテクニックです。

波をうつように、コームを動かしパネルから髪を引き出し、髪を、ベースとは異なる色でホイルで包み込みカラーリング

ホイリングでベースカラーと混ざらないようにします。

ベースカラーと異なる色を、髪の全体に混ぜることでシングルカラーとは、異なる印象やデザインが仕上がります。

シングルカラーでは表現が出来ないカラーリングテクニック

このハイライトの技術には、いくつかのテクニックがあります。

 

銀座カロン西海ハイライトデザイン

①シングルカラーでは、明るさが足りないと感じる人や、根本がすぐに伸びるのが気になるタイプの人にオススメのナチュラルハイライトの方法

①暗い髪に、少し明るめのカラー剤でハイライトを入れるケース

②明るいカラー剤を使用しハイライト、

その後に、希望するカラー剤でカラーリング、全体的にトーンを抑えて仕上げる方法

③バージン毛の黒い髪に全体にカラーはせずにハイライトのみでカラーリングを仕上げる方法です。

銀座カロンハイライト松田

ハイライトを入れながらベースのカラーをトーンダウン

①全体のトーンは落ち着くけど明るさやデザイン性は残る方法です。

(同時に施術する方法になります。)

ダブルプロセスカラー

①初めに、明るめのブリーチを使い、ダブルプロセスで色を入れる方法です。

(この方法が、もっともポピュラーな施術方法です。)

コンビネーションカラーリング

①デザイン性を高く見せるために使用する

ハイライトとローライトのコンビネーションカラー

銀座カロン西海デザインハイライト

 

2色の明るい色を使用してハイライトを入れてデザイン性を感じる

リズムをずらしたら明るさを変えたりして行う方法になります。

これは、かなり良いデザイン性を感じる仕上がりになりますが、基本はダブルプロセスになります。

銀座カロン西海ハイライトデザイン

リズムもずらしながら、もう3色で行うとハイライトは、このようにデザイン性を増します。

施術をするのは難しいですが、仕上がりは、シングルカラーではえれない髪のデザインの仕上がりになります。

 

銀座カロン西海デザイン

セクションカラー

技術に対してセクションというもう一つ技術の方法を取り混ぜた技術です。

セクションを取り入れることで、デザイン性をより引き立たせます。

銀座カロン西海デザイン

このデザインには、ありとあらゆる方法があるので、千通りのデザインになります。

サロンでは、

ハイライトの後に、もう一度カラーリングするダブルカラーが、多く施術されます。

10年前は、同時進行のハイライトが多くみられましたが、最近は同時施術より先にハイライト入れてダブルプロセスでカラーリングが、多く見うけられます。

時代により流行りなどは必ずあると思いますが、

ここ最近は、白髪染めをしているお客様が『黒くなりすぎるた髪の色が、、、、嫌だと』

そこで、ハイライトを入れて『ぼかす』『生かす』方法でカラーリングを明るく見せる方法を使用します。

 

通常の、白髪染めのカラー剤を使用してカラーをしていると髪が黒く仕上がり、

全体が黒く染まるので白髪が生えてくるのが早く感じてしまい見た目の顔の印象もくすんで見えてしまいます。

このカラーリングの仕上がりを、明るくしたい人には、ブリーチを使ってハイライトをする技術がピッタリです。

ファッションカラー剤で髪全体染めでは無理があります。

どんなに、明るいカラー剤を使用しても0.5トーンが限界だと思います。

ハイライトをするときにブリーチを使用しないと綺麗に抜けませんが、無理に抜いてしまうと、逆に髪が痛みすぎてしまいます。

カロンでは、

このブリーチ剤をコントロールする技術『リミテッドブリーチ』という技術で施術しています。

そうする事で、かみのダメージが最小限に抑えることができます。

白髪をぼかすハイライトを入れた後が重要です!

ハイライトを行うときに、

最近ではブリーチをケアブリーチという名のもと痛まないブリーチで強めに入れてしまうサロンもよく見かけます。

20代の髪には良いのですが、

40代以降の髪のエイジング毛にはちょと強すぎて、施術当日は問題ないのですが3日後ぐらいから

乾燥やゴワツキを感じ色も思っている以上に明るく変化してしまいます。

1週間後には、見事に金髪状態になる可能性が高く、少しやりすぎな状態に!

https://www.calon-ginza.com/haircatalog/56276/

是非、ハイライトを、お問いあわせください。

 

PAGE TOP