美容特集

CONTENTS

ハイライトの種類

ハイライトを、入れたい

ハイライトを、してみたいけど、悩んでたりしませんか?

ハイライトとは、細かくウイービングをしホイルに髪を包み部分的に髪の色を変えて単色では感じられない色の印象や効果を出すテクニックです。

https://www.calon-ginza.com/menu/78653/

デザインを感じるヘアスタイルにする為には、ブリーチを使い明度差が大きい状態で仕上げていきます。

逆に明度差が、でないように仕上げてナチュラルに仕上げる場合もあります。

仕上がりの、明るさ希望に対してメラニンを壊す量を計算します。

『最も、オーソドックスなホイルワークの方法は、ブリーチを使う方法』

髪に、明るい部分を作り、ヘアーの全体の立体や奥行感や、動きを感じるカラーリングのことをいいます。

価格は、

【明るいハイライト】【白髪染め対策ハイライト】カット・ハイライト・カラー+2stepトリートメント ¥23,650→¥19,500

場合によっては、もう少し、値段が上がる場合も有りますが、五千円前後になります。

【明るいハイライト】【白髪染め対策ハイライト】カット・ハイライト・カラー+2stepトリートメント ¥23,650→¥19,500

フォイルワークの技術としては、

1、アルカリカラー剤だけで、ベースの明るさとハイライトの部分との明るさとの明度差をつくる方法

2、ブリーチのハイライトのみで、明るい感じを生かしたままのしあげる方法

3、ブリーチで、メラニンと染料をしっかり取り除きその後に、

  カラー剤を塗布してハイライトを生かしながらブレンドして出てくり色を、表現する方法が有ります。

仕上がりの、色や明るさは様々

明るくも、ナチュラルな印象『所要時間』は

同時に、施術をすることも有ります。ダブルプロセスになる場合も有ります。

ホイルの枚数にもよって時間は、異なってしまいますが、2時間半から4時間ですが、通常は3時以内に、カットも含めて終了します。

 

ハイライトの技術のには、

1、明るめのカラー剤を使ってホイルの中に包み込む方法

2、ブリーチを、使用してホイルで包み込む方法、その後にオンカラーをします。

3、シングルプロセスで行う方法と、ダブルプロセスで行う方法

4、ハイライトとローライトを、交互に行い立体感を出す方法

5、ウィービングで、細かく入れる方法と、荒めに入れる方法、そして、ラインを強調する為に使うスライステクニックがあります。

6、その他にもセクションなどの方法もあります。

 

ハイライトとグラデーションカラー

 

ナチュラルな仕上がりから、デザイン力が強く感じるハイライトまで有ります。

ナチュラルとは、明るめのナチュラルと暗めのナチュラルが存在し、派手な仕上がりも、自然な仕上がりも出来ます。

外人風から、自然派のカラーリングもハイライトで、デザインカラーが出来ます。

 

 

白髪染めの髪には、、出来ましすか?

可能です。

白髪染めで黒くなりすぎた髪を明るくしたい場合,髪に白髪染めの染料が、残留している為になかなか上手に明るくすることは出来ません

なぜでしょう?

白髪染めのカラー剤とは、通常のファッションカラーより、アルカリも強く、染料の量も多く含まれています。

その残留の話は、よく聞きましが実はそれだけでなくアルカリが強いことが問題になります。

アルカリが、強いことで、多くのメラニンが削られることや、キューティクルが広がりやすく髪の奥の方にまで染料が入り込んでしまう現象が起きてしまうこと

その結果。通常のファッションカラーより濃く染まり通常のものでは、塗布をしても明るくならない状態になります。

真っ黒の状態です。

そこで、ブリーチを使うことで染料を破壊して明るくする方法をする必要があります。

ただし、エイジング毛の髪には、そのままのブリーチを使用すると、髪が壊れてしまいますがカロンではリミテッドブリーチというテクニックを使用します。

 

リミテッドブリーチとは

髪質を、見極めてクリームとブリーチを混ぜて混ぜる加減によりブリーチの強さの状態をコントロールして使用するテクニックです。

トリートメント効果をもたせるプレックス系の処理剤をまぜ、時には活性酸素を取り除く水素処理などをして髪のダメージを軽減しながら施術することができるテクニックです。

コントロールする薬剤を使用することで最低限のダメージと染料をソフトに壊して白髪染めの髪にも明るくカラーリングすることが出来ます。

ダブルプロセスで、カラーリング

根元用のから剤と毛先用のカラー剤を使い分けてオンカラーをします。

オートクチュールの白髪染め https://www.calon-ginza.com/special/1/

その後も、白髪染めのカラー剤を使用しないことにより

希望のカラーにすることが出来ます。

そして、カロンでは、毛先のカラーを塗布する場合は、基本はアルカリが少ない低アルカリの商材を使用することで

よりダメージレスなカラーに仕上がることがります。

そして、艶も色も、透明感と共に戻って来ます。

 

【明るいハイライト】【白髪染め対策ハイライト】カット・ハイライト・カラー+2stepトリートメント

 

【外国人風ブリーチカラー】カット・ブリーチ・カラー・水素+2stepトリートメント

PAGE TOP