FOLLOW US Instagram Youtube

ビューティーアンドケア
カロン 銀座

Duplex Ginza Tower5F

TEL: 03-6278-8584

オーガニックハーブヘア
カロン

Ginza Apollo Bldg.2F

TEL: 03-6278-8450

FOLLOW US Instagram Youtube
2024’RECRUIT NEWS
JURNAL.
ORGANIC
Scroll

 

 

ハーブカラーは、天然のハーブ、ヘナ、藍などを使って髪を染める方法です。

100%のオーガニック製品で、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

  1. 天然成分:オーガニックのハーブや植物由来成分を使用しており、化学薬品が全く含まれていないことが多いです。
  2. 頭皮への優しさ:化学色素によるアレルギー反応や刺激が少ないため、敏感肌やアレルギーを持つ人にも適しています。
  3. 髪の健康:ハーブ成分が髪に栄養を与え、デトックス効果もありダメージを修復する助けをします。ローソニアなどの成分で髪が強く、健康になる可能性があります。
  4. 色のバリエーション:成分では限られた色のヘナ、藍、ハーブなどのバリエーションになります。
  5. 環境への配慮:化学物質を使用しないため、環境への影響が少ないオーガニック製品です。
  6. 色持ち:化学染料に比べて色持ちは劣る可能性がありますがそれほどの違いはありません、定期的に使用することで色合いを認識できます。

化学染料による髪のダメージやアレルギーが心配な人、自然で健康ヘアケア製品を好む人に適しています。しかし、100%安全ですアレルギーは出ませんとは言えません

アレルギーとは、どんな物でも可能性はあリます。

しかし、刺激によるアレルギーなどは起きにくいので安心してください。

天然のハーブを使って髪を染める方法で、化学染料を使用する従来のヘアカラーとは異なります。

ハーブカラーの主な効果は以下の通りです:

  1. 自然なカラーリング:オーガニックハーブカラーは、髪に自然な色合いを与えます。 特に、ヘナなどのハーブは髪に優しいと輝きをもたらし、美しい自然な色調を提供します。
  2. 髪と頭皮の保護:天然成分を使用しているため、ハーブカラーは髪と頭皮に優しく、アレルギーや刺激のリスクを軽減します。また、デトックス効果や髪を保湿し、保護する効果があります。
  3. ダメージの軽減:化学染料に比べて髪のダメージを軽減し、髪の質感や健康状態を保つのに役立ちます。
  4. 頭皮の健康:一部のハーブには抗菌や抗炎症の特性があり、デトックスの効果もあるのでフケや頭皮の炎症を軽減する効果が期待できます。
  5. 髪のコンディショニング:ハーブは髪に栄養を与え、柔らかく滑らかな質感を持続する可能性があります。
  6. カラー:ハーブカラーは徐々に落ちるため、根元のリタッチが必要な頻度が少なくなります。

ただし、ハーブカラーは通常のヘアカラーよりも色の選択肢が限られていて、

また、希望する色に達するまでに複数回の施術が必要になる場合がある点に注意が必要です。

ハーブカラーは、自然な植物からできているカラー剤です。

色も限定されているので、希望した感じにはなりませんが、頭皮と髪には、とても良いカラー剤です。

特に、頭皮には普段の白髪染めのカラーによる疲れやダメージ、酸化状態のひとにオススメです。

ハーブをブレンドして出来ているのでナチュラルな仕上がりになります。 

 染まり方について

通常のカラーは、黒髪をアルカリと過酸化水素の反応によりメラニンを攻撃することで、透明感を出し髪を明るくすることができる。

その後に、染料で色を染めることができますが、好きな色を数十種類の色を選ぶことができます。

希望の色の好みなどを選ぶことができるのと混ぜて色を作る事もできます。

しかし、ハーブカラーにはケミカルが含まれていない為に、メラニンの色を攻撃する力がなく透明感を出すことが、出来ません。

色も、ヘナオレンジの色や藍の色など限られた色になります。

色の種類も少ないですがケミカルではないので季節などにより、色が少しぶれてしまう事もあります。

デメリット

色は、選べないのがデメリット

髪が明るくならないのが、デメリットです。

メリットは、

頭皮の環境を整える事ができる事

白髪をぼかした髪色に染める事ができる事

オーガニック100%なので体に優しいことです。

デトックス効果のあることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OTHER JURNAL.

前のページへ戻る