FOLLOW US Instagram Youtube

ビューティーアンドケア
カロン 銀座

Duplex Ginza Tower5F

TEL: 03-6278-8584

オーガニックハーブヘア
カロン

Ginza Apollo Bldg.2F

TEL: 03-6278-8450

FOLLOW US Instagram Youtube
2024’RECRUIT NEWS

Q&A.

Sort by

加齢にともなう髪の変化と悩み.

加齢による毛髪悩みの変化

加齢による髪の変化は個人差が大きいのですが、日本人女性は、30代ごろから、生えてくる髪が変わったと感じるようになります。
花王では、年齢による生えてくる毛髪の違いを研究し、悩みとの関連性を明らかにしてきました。30代前半まで
「傷んでいる」「パサつく」「量が多い」「広がる」といった悩みが上位
40歳頃から
髪質の変化を多くの人が感じる。
「白髪」悩みが1位になります。
毛量が減少し、若い頃の「量が多くて」「広がる」悩みが気にならなくなります。
うねり毛の割合が10-20代の頃より増え、白髪が気になることによりカラーリング頻度が増加し始めます。
そのため、毛流れが揃いにくくなって、まとまりにくくパサつきやすく、若い頃よりツヤがない、と感じる悩みにつながっていると考えられます。
50代半ば頃から
髪の太さ、ハリコシ、髪の本数が徐々に減少し続けて、「髪がぺちゃんとなる」「分け目が目立つ」などが上位になり、「抜け毛」「量が少ない」などの悩みも順位が上がります。
「白髪」量が増大するとともに、ボリュームが出ない、持続しない悩みが深刻化します。
加齢による髪の変化は、年齢を重ねるにつれて、気になり度が増大します。
「傷み」「パサつく」悩みはずっと続き、気にならなくなるのではなく、それ以上に気になる項目が増えて、優先順位が変わります。
特別な方法を見出すより、日常のお手入れやスタイリング方法をよりブラッシュアップして身につけることが、効果的な対策です。

白髪の実態

白髪が1本でもある人の割合は、30歳頃から増え始め30代後半で過半数に、50代になると90%を超えます。
30代後半に、白髪が髪悩みの1位になり、染めたい人の割合も増加します。
白髪は、増加するとともに気になり方も変わります。
ちらほら、1本でもあることが気になる
部分的に増える
染めてもすぐ目立つようになる
白髪が増加するのに伴って、目立たないようにしておくには、ヘアカラー頻度を上げなければならず、傷みも気になるようになります。
[参照/髪の色] 白髪になるしくみ

白髪対策

カラーリングで目立たなくなるように染める
ヘアカラー(酸化染毛剤)頻度が高くなってきたら、ヘアカラーで毎回髪全体を染めるのでなく、ヘアカラーの部分染めやヘアマニキュアなどを併用すると、こまめに染められ、傷みを抑えることができます。それぞれの特徴を知って上手に使いましょう。

ツヤがなくなる

年齢が高くなると、「ツヤがなくなる」「まとまりにくくなる」「きれいなストレートにならない」といった悩み意識が高くなります。
実際に毛髪を観察した結果、年齢が高くなると、ツヤのない人が多い傾向でした。
見え方の特徴として以下のようなことが挙げられます。
若い人の髪の方が、面がきれいに揃っている。
天使の輪がはっきり見える。
年齢が高くなると、天使の輪がはっきりせず、表面に白いチラつきが多くなる。
髪1本1本がデコボコして見える。
シルエットや毛先がまとまりにくい。

うねり毛が増加している

年齢とともに、不規則に細かくうねった毛髪の割合が増加していることを見出しました。
うねり毛は、くせ毛と同様、性質の異なる2種類のコルテックス細胞が偏って存在しています。なぜ、どのようなしくみでその偏りが年齢とともに増加するのかは、解明されていません。 [参照:毛髪のくせ]
うねり毛は、ヘアカラー施術などのダメージを受けると、うねりが増長します。
年齢とともに白髪が気になってカラーリング頻度が増えるため、後天的な影響も重なります。

うねり毛が増えることが、ツヤが低下する一因

うねり毛が増えることにより、毛流れがそろいにくくなり、「ツヤがない」 「まとまりにくくなる」「きれいなストレートにならない」という悩みにつながっていると考えられます。

うねり毛対策

毛流れを揃えるスタイリング、ドライヤー乾燥(参照:上手なスタイリング方法)
傷みを防ぐ
ヘアカラー(酸化染毛剤)の繰り返しでうねりは増長するので、傷みが進まないように、ヘアカラーで毎回髪全体を染めるのでなく、ヘアカラーの部分染めやヘアマニキュアなどを併用する。

毛量が減少して、ボリューム悩みにつながる

個人差が大きいのですが、女性の場合、30代頃から徐々に頭頂部を中心に本数が少なくなり、40歳頃から細く、ハリコシがなくなる傾向です。毛量自体が少なくなるうえに、細くハリコシが低下するため根元が立ちあがりにくくなって、「ボリュームが出ない・持たない」「分け目が目立つ」といった薄毛、ボリューム悩みにつながります。毛量自体が少なくなるうえに、細くハリコシが低下するため根元が立ちあがりにくくなって、「ボリュームが出ない・持たない」「分け目が目立つ」といった薄毛、ボリューム悩みにつながります。

きらりとひかる白い髪、根元からキラリどうしたらいいの

1ヶ月に1回のカラーリングでは、どうしてもカバーしきれない根元の白いデビル髪、どうしたらいいのでしょうか?①根元から切る②ヘアマスカラでカバーをする。これだけはやめておいた方が良いことは、抜くことです。是非サロンにご相談ください。

白髪って1本が、ピンって目立つ気がします。

白髪はメラニンが無い髪に変化していて、黒上に比べて髪が軽く感じます。しかし、代わりに表面のキューティクルの影響が強くなり髪が硬くなってしまいます。その為、ピンと立ち上がってしまいます。パーマやカラーの施術が難しく感じます。ジェルタイプのスタイリング剤やマスカラタイプの白髪隠しを使用すると効果的に押さえれます。

産後に白髪が増えた気がする。

妊娠中に。子供に栄養を取られることやホルモンバランスが、崩れてしまうケースが、そのほかに免疫力の低下、その結果、メラニンが生成されなくなるケースがでてくるケースがあるのかもしれません。

白髪染めに、切り替えるタイミングは

これは、美容師からは答えにくい回答です、何故かというと仕上がる色が異なるからです。同じ色になることは有りません。
そこで、美容師さんにしっかりカウンセリングしてもらってから確認して施術に入りましょう。