ブログ

BLOG

グレイカラーと白髪染めと違う所は??
|ヘアカラー|カロン銀座

「グレイカラー」って何??

聞いたことあるけど、何か特別なカラーなの??製品名??

など、聞いたことがあるけど、なんだろう??と、疑問に思ったことはございませんか?

 

「グレイカラー」とは、「白髪染め」のことです。

グレイカラーと呼ばれた始まりは、白髪が増えた様子(白髪が増えてくると、黒髪の部分も灰色GLAYになってきます。)を示された表現と、思われます。

白髪のことを、グレイ、グレイヘアーなどとも呼ばれています。

 

かつてカラーブームを引率されてきた皆様は、

40代に。

今まで無縁だった『白髪』にお悩みになり始めます。

最初は、数本。見て見ぬ振りしたり、1本。2本。なら抜いてしまったり!

 

しかし、だんだんと量が増えてきてしまうと、見て見ぬ振りもしてはいられません。

 

 

 

そんな時、

 

 

 

「白髪染めに切り替えましょう」

 

 

 

 

と、カウンセリングでお話が出ると思います。

 

 

 

 

「とうとう白髪染めにしなくては。」「なんかショック」

 

 

 

 

 

と、気持ちが落ち込んでしまうのは、今まで通り、色を選べなくなる。色味のニュアンスを楽しめなくなる。黒くなってしまう。など、ネガティブな情報をご存知だからではありませんか?

 

 

 

 

 

では、今まで通り、同じような茶色に染めながら、「白髪」も染められたら。

ネガティブな気持ちにならなくて済みます。

「そんなこと聞いたことない!白髪も綺麗に染まるの??」

 

できるんです!!

私たちCALONでは新しい「白髪染め」の在り方を理論化いたしました。

その名も、

 

 

 

『グレイカラー2.0』です!

 

 

この理論は、ファッションカラーだけで染める「明るい白髪染め」の方法です。

 

 

白髪を「白」の素材と捉え、黒髪「黒」の素材と捉えます。

2つの素材は隣り合わせに存在しております。

この世の中で最もコントラストが強い組み合わせです。

よって、白髪がではじめた時が一番目立つのです。

 

白と、黒のコントラストを、透明感を作ることで弱め、白髪が染まるように黒の染料を(30%〜20%毛髪の状況によって異なる)ブレンドします。

なりたい女性像、印象をに仕上げるためにブラウンの色相の方向性を定めます。赤みをおさえた方がいいか?赤みを足した方がいいか?希望の明るさや、深みによって薬剤を選定していきます。

 

このように、皆様のなりたい印象、明るさに合わせて一人一人に薬剤を適材適所に作り分け、塗り分けていきます。

ファッションカラーだけで染める、「4色クリアブレンド」なら、白髪染めに切り替える必要はございません!!

お気軽に、ご相談ください!!

 

【CALON銀座ホームページ】

 

CALON銀座 菊池真里亜

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP