ブログ

BLOG

肌がくすんで見えるのは髪の濁りが原因??
|ヘアカラー|カロン銀座

40代の大人女性にとって肌の「くすみ」は天敵です!でも、そのくすみって、本当に肌の印象だけでしょうか?

 


 

 

髪の毛の濁りはございませんか?くすみは出ていませんか?

 

 

 

 

 

顔周りを包み込む、髪の毛が濁ったり、くすんで、ツヤがない状態だと、どんなに綺麗な肌でも、血色が悪く見えて老け込んだように感じやすいです。

 

 

 

 

「でも、髪のくすみやにごりってなんで出てしまうの?

年齢のせいかなぁ…」

 

 

 

 

 

と、自分の年齢のせいだけにしないでください!!

日頃のヘアケアで使用しているアウトバストリートメントや、オイルが酸化しすぎて残っているとザラつきや、濁りの原因になります。

その他に考えられる原因は「白髪染め」です。

 

 

 

 

白髪染め専用薬剤によって、独特な濁りが強く出てしまいます。黒っぽく、くすんだ濁りが髪の毛に残留し、残ってしまうのです。

さらに、白髪の量が増え始める40代は白髪が出てくるのが気になるのが早くなってきます。

今までは2ヶ月に一回のヘアカラーの頻度だったのが、1ヶ月、3週間と間隔が短くなってきます。

 

 

 

そして、白髪染め専用薬剤は緑がひどく濁ったような黒さの黒褐色がメインの染料として配合されているため、染める回数が増えるほど、染める間隔が早

くなるほど、蓄積し、残留してしまうのです。

 

 

 

黒褐色の独特な特徴の中でもう一つ、40代大人女子にとって悲しいことがございます。

 

 

 

 

「手触り」です。

 

 

 

 

ザラザラ、ゴワゴワ。ジリジリ。

髪が固くなり、まとまらなくなってしまうのです。

 

世間一般的な、美容室では30年前の白髪染めの技術のままストップしています。

 

今の時代の白髪で悩まれている大人女子の皆様は、白髪を黒く塗りつぶすことだけの染める行為に満足できますか?

美容師さんに気を使って、ホントは嫌だけど、言い出せない!!

我慢されていませんか?

 

 

 

 

 

茶色の髪を自分のナチュラルだと、受け入れている世代の皆様には、今までと変わらない綺麗な茶色をお楽しみいただけるようにヘアカラーすることが大切な気がしております。

 ただ、「白髪」という「白い素材」が存在しているだけです!

 

なりたい印象のヘアカラーの仕上がりをイメージして、素材を見極め、薬剤選定を行い、プロセス、ブレンド比率を調節するだけで、ファッションカラーだけを使用した透明感のある自然な茶色に染まります!!

 

白髪染めの黒み、濁りがでない綺麗な髪の毛、ヘアカラーを楽しみながら、今の肌の印象をワントーン明るく、透明感を上げたように見せてみませんか?

CALON(カロン銀座)のプロフェッショナルなヘアカラーが肌色、白髪でお悩みの40代大人女性の皆様にとってお悩み解決のお役に立てましたら幸いです。

 

お気軽にご相談、お問い合わせください!

☆CALON[カロン銀座]ホームページ☆

 

CALON 銀座 菊池真里亜

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP