ブログ

BLOG

白髪を染めながら明るいベージュに出来ますか?
|ヘアカラー|カロン銀座

明るさをキープしたまま、白髪も染めたい!でも、黒髪をベージュに明るくするのに合わせて(ファッションカラーで、)染めると、明るさは出てるけど白髪が全く染まってない。
白髪を茶色に染めるのに合わせると黒っぽくなってしまうし、白髪染めを使わなきゃいけなくなる…
諦めないでください!!
毛髪の状態にもよりますが、11トーンぐらいのベージュカラーでも白髪をカバーできる方法がいくつかございます!

一番オススメの方法は、ダブルプロセスカラーです。
まず、
特別ブレンドしてある脱染剤を使用し、濁りや黒み、黒髪と白髪のコントラストを透明感と、明るさでぼかします。
一度流して、二回目のオンカラーでギラつきや、メラニンの脱色されたままの色を抑えるトリートメントカラーをしていきまはし。ベージュの色味の範囲で行うことで、暗くならずに白髪をファッションカラーだけで染めていけます。

一色塗りでも、一番明るくなる薬剤と、ブラウン、赤みをおさえるモノトーングレージュの色味をブレンドしたり、
ピンクベージュにしたり、色味のニュアンスもたのしんでいただけるように染めていきます。


白髪染め専用薬剤に切り替えないと白髪がうまく染められない!と、お悩みでしてら、是非一度カウンセリングだけでも!お気軽にご相談ください!
可能性がある限り、わたしたちは皆様の理想の女性像を再現することに全力を注ぎます!(^-^)/
サロンでお待ちしております!

銀座いたまないヘアカラー

大人の髪悩みを解決できるサロン
ハイトーンの白髪染め

グレイカラーの進化

やりたい事を諦めて欲しくない!
カロン

カロンホームページ★

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP