ブログ

BLOG

「あれ? こんな所にまとまった白髪が!」と気づいたら
|髪の悩み|山村 伸一

 

一部分に白髪が集中しては生えるのは何故だろ?

 
 
 

この理由には、2つの原因が考えられます。

 

一つは男性ホルモンの分泌量が頭頂部や生え際よりも少なく、

 

女性ホルモンの作用が出やすい部位といえるのではないかという説です。

 

頭頂部や生え際は男性ホルモンの分泌量が激しく、

 

白髪よりも抜け毛などの症状が見られます。

 


一方で、こめかみがハゲてしまうという人はあまり見かけませんね。

 


これは男性ホルモンの分泌する部位が多少、

 

場所によって違うのではないかという見解がされています。

 

 


女性ホルモンの分泌が上回っているため、白髪が出やすいという考えがあります。

 

そして、もう一つの要素が耳周辺の細胞神経の機能が低下してくるため、

 

髪の毛もその影響を受けているのではないかという説です。

 

例えば、年齢を重ねて高齢になればなるほど、耳が遠いという方が増えてきますね。


人間の感覚の一つである聴覚が衰え始めて

 

周辺の毛細血管が活発化されていないということが考えられます。

 

毛母細胞を刺激するには、毛細血管が活性化されていなければいけません。

 

しかし、血流が悪くなったことで髪の色素を決めるメラニンの量が減少してしまうということが考えられます。

 

このように大まかに言うと、ホルモンの関係と年齢による毛細血管の老化ということが考えられます。

 

 

対応できる策はあるのか?

 

白髪が増えてきたら、

 

毛細血管を刺激して栄養素がしっかりと行き渡るような状況にする必要があります。


血流やリンパの流れを良くするには、

 

ミノキシジルやセンブリエキス、カシュウエキスなどの血流促進効果があると確認されている成分を積極的に使用することが重要です。

 

また、これらの成分が入った育毛シャンプーや育毛剤を使用することも、

 

もちろん効果が期待できますが、

 

常日頃からストレスが溜まった状態も白髪を生み出してしまう要因の一つです。

 

ストレスがたまった状態でいると、毛細血管が24時間収縮状態になってしまいます。

 

緩和させる時間がないとポンプの働きが生まれず、血流を髪の毛までうまく伝えることができません。

 

育毛剤の塗布だけでなく、精神バランスを常に平常にする心構えが必要になります。

 

日々のライフスタイルから見直すことが重要ですね!

 

 

 

 

山村 伸一

スパニスト
山村 伸一
SHINICHI YAMAMURA
PAGE TOP