ブログ

BLOG

髪は乾かさない?乾かす?
|髪の悩み|山村 伸一
髪を乾かすのには時間がかかり、
 
 
 
「髪を乾かさないで寝たい…」と、
 
 
 
めんどくささに負けて髪が濡れた状態のまま寝てしまいがちですよね。
 
 
 
髪を乾かさないデメリット
 

デメリット①髪の毛が傷みやすくなる

 

髪を乾かさないと髪の毛が傷みやすくなってしまうと言われています。

お風呂でシャンプーやトリートメントをした直後の濡れた髪は、

キューティクルが開いた状態です。

この状態の髪は外部からの刺激に弱く、

乾いている状態の髪に比べると傷みやすくなっていると考えられています。

そのため、髪を乾かさないで眠ると枕や布団などに擦れたときの摩擦でも髪の毛が傷んでしまう可能性があるようです。

 
デメリット②髪のツヤ感が悪くなる
 
 
 

髪を乾かさないとキューティクルが剥がれてしまうことがあるとされています。

キューティクルが剥がれ、

髪内部の水分や栄養が抜け出てしまうと、

ツヤ感が悪くなる傾向です。

また、水分や栄養が抜け出てしまう以外にもキューティクルが開いた状態の髪は必要な油分もうまく保てないので、

ツヤ感がなくなってしまうと考えられています。

 
デメリット③フケや抜け毛が増える

 

髪を乾かさないとフケや抜け毛が増えることがあると言われています。

自然乾燥した頭皮は必要以上に水分がなくなりやすく、

水分を保とうと皮脂が多く出てしまうことがあるとされています。

頭皮に皮脂が多いと雑菌が繁殖しやすく、

頭皮が荒れていまうことがあると言われています。

すると、頭皮の角質が剥がれてフケとして落ちることに繋がることがあるようです。

また、過剰に出た皮脂が頭皮に詰まってしまうと髪の成長に影響を与えたり、

抜け毛が増えてしまったりすることもあると言われています。

さらに頭皮や髪が濡れた状態が続いてしまうと、

頭皮や髪の根元にカビがはえてしまう可能性もあるそうです。

髪を乾かさない状態は、

抜け毛や薄毛の原因になってしまう以外にも、

悩みを増やしてしまうことがあると考えられています。育毛にも良くないことが分かりますね。

 
 
デメリット④頭皮の臭いが強くなる
 
 

髪を乾かさないということは、

頭皮も濡れた状態です。

その濡れた状態の頭皮は雑菌が増えやすく、

雑菌が増えることで頭皮の臭いが強くなってしまうことがあります。

もともと頭皮には、

汗や皮脂、

皮膚にいる雑菌などによって臭いがあります。

その臭いは、頭皮が濡れた状態だと強くなる傾向にあると考えられているのです。

 

デメリット⑤頭皮が冷える

 
髪を乾かさないでいると、

 

頭皮が冷えてしまうことがあります。

髪や頭皮に付いた水が冷めるだけではなく、

 

付いた水分が蒸発する際に頭皮の熱も一緒に体の外へ出ていってしまうと考えられているのです。

 

頭皮が冷えてしまうと徐々に体の熱も冷めて、

 

風邪を引きやすくなったり、

血行が悪くなったりしてしまうことがあると言われています。

髪を乾かさないでいると、

髪悩み以外にも問題が起きてしまうこともあるようです。

 
皆さま髪は乾かしましょう!
 
 

 

山村 伸一

スパニスト
山村 伸一
SHINICHI YAMAMURA
PAGE TOP