ブログ

BLOG

白髪染め黒くなりたくない!白髪がない人に見える『グレイカラー2.0』にシフト!
|白髪染め|菊池 真里亜

『白髪染めで明るい茶髪にしたいです。

ですがいつもかなり黒めの茶色になってしまいます。』

 

『希望の明るい色に染める良い方法はありますか?』

 

『どこの美容院に行っても明るい茶髪を

オーダーするといつも白髪染めは明るい色は難しく

黒に近い茶色にしかできないと

言われてしまいます。』

 

 

と、初めてのお客様から

白髪染めについてのお悩みをお受けします。

CALONでは、皆様のお悩みを解決するべく、

 

 

今と、これからの時代にあった、

大人女性向けの

「新カラー理論」をご提案させいただいております。

その名も「グレイカラー2.0

 

明るい茶髪に染められる、透明感もあり、自然な優しい茶色になれます!

グレイカラー2.0理論で、お悩みを解決するお手伝いができたら嬉しいです!

「グレイカラー2.0」とは、ファッションカラーだけの調合で、白髪も染められる、理想の明るさと、ニュアンスを楽しめるヘアカラーであり、

「白髪がない人に見える」

  『新しい白髪染め』です。

 

従来の白髪染めは、なぜ?

茶髪をオーダーすると「黒っぽい茶色にしか染められない。」

と言われてしまうのでしょうか?

それは、「白髪染め専用薬剤」を使用しているからです。

さらに、黒くなってしまった原因のひとつに。

「白髪染め専用薬剤」に入っている、

黒褐色という、緑がくすんだ、

ツヤのない濁った黒。

この染料が白髪をしっかりと染めてくれるのですが、

同時に、白髪のない、

黒髪部分も濁って黒っぽくなってしまうのです。

この現象がまさに、

「黒に近い茶色にしかできない」

「明るくできない」

「しっかり染めるなら黒しかできない」

と、言われてしまう理由だと思います。

 

ピンクベージュ、アッシュブラウン、

キャラメルブラウン。など。

 

言葉のニュアンスが髪色に見える。リンクする。感じる。

ツヤで纏われた色味のニュアンスが楽しくて、

ヘアカラーをしていたはずなのに。

「黒くなっちゃう」ことが理由で、色の話もできなくなってしまうのはとても悲しすぎます。

 

「グレイカラー2.0」は、

ファッションカラーだけを使用した

明るく白髪も染められる新常識であり、新理論です。

白髪が目立つ理由は「白」と「黒」のコントラストです。

 

このコントラストを、やわらげるためにグレイカラー2.0の場合、「透明感」をつくっていきます。

「透明感」を白髪以外の黒髪部分に作ることによって、「白髪」の素材に対して、質感が近くなります。

質感が近くなった状態に、次は、希望色、希望明度をあてはめていきます。

そうすることによって、明るさがあっても、白髪は染まっていきます。

ぜひ一度おためしになってみてください!!

 

今までの古い考えは、もうキッパリ捨てて!

 

新しい時代を、今とこれからの時代を!

新しい自分で楽しんでいきませんか?

 

店長 菊池真里亜

菊池 真里亜

店長・カラースペシャリスト
菊池 真里亜
MARIA KIKUCHI
PAGE TOP