ブログ

BLOG

うねり、チリつき等の悩み、カラーと同時に縮毛矯正は出来ますか??
|髪質改善|カロン銀座

先日、こんなお悩みのご相談がありました。

 

癖毛でお悩みの皆様なら、

「あるある!!」

「それ聞きたかった!!』

と、共感してくださっていただけるかもしれません(^ ^)

今後の、縮毛矯正、癖毛のケアのご参考になれば幸いです!!

 

Q1,縮毛矯正とカラーを一緒に行いたいのですが、

美容師さんに髪のダメージのことを考えて縮毛矯正とカラーを別々の日に行うことを

お勧めされています。

サロンに行く時間が中々取れないのでまとまって縮毛矯正とカラーを一緒に行ってしまいたいのですが、髪のダメージのことを考えると出来ないものなのでしょうか?

 

【酸性縮毛矯正アフター】 

 

【ビフォア】 

 

【CALONアンサー】

A.縮毛矯正とカラーを一緒にしていくことは可能です。

(酸性領域の縮毛矯正の場合はできる可能性が高いです)

酸性縮毛矯正の施術工程の最後に2液で髪の毛の形成を完成させていきます。

その時に「過酸化水素」を使用します。ヘアカラーもアルカリ剤と過酸化水素を混ぜて使用する施術のため、ヘアカラーに混ぜられている過酸化水素の力を利用し、酸性縮毛矯正の形成、最終工程を完成させます。

しかし、

ダメージのことを細心に考慮していけば、別々にされた方が良いと思います。

髪の細さや、もともとのダメージの度合いによっては別々にしか施術できない場合もありえます。

また、

酸性縮毛矯正、酸性ストレートパーマの施術メニューと記載されていても、従来のストレートパーマのアルカリ成分が強く入っているものも実際にあります。

美容師さん自体も、メーカーに教えられていない。メーカーの営業もマーケティングから聞かされていない。マーケティングも研究所、開発から聞かされていない。という、物売りのスパイラルに巻き込まれている可能性があります。ダメージがどうしても心配な場合は、最低1週間はあけてヘアカラーすることをお勧めいたします。

また、ヘアカラーの施術につきましても、髪のダメージを最小限に抑え、艶を戻していける微アルカリ剤、低アルカリ剤を使用し、ヘアカラーをしてくれるサロン様の方がダメージは起こりにくいです。

 

CALONの知識や、技術が皆様のお役にたてましたら嬉しいです。

お気軽に、ご相談ください!!

 

【CALON銀座 幸せ顔になれるヘアカラー】

【CALON銀座 髪質改善ストレートパーマコース HP】

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP