ブログ

BLOG

白髪染めしながら毛先の明るさは変えないでカラーしたい!!
|ヘアカラー|カロン銀座

白髪染めをしても、毛先の明るさは変えたくない!!
でも、いつも、白髪染めをすると、暗くなってしまう…暗くならないように生え際のカラー、リタッチだけにしているのに、なぜが全体が暗くなってしまう。
どうして?



と、お悩みではございませんか??

白髪染め専用薬剤には、白髪をしっかりと染めるために濁りが強い黒みが沢山はいっています。
濁りは傷んで乾燥している毛先に染料を吸い込ませてしまう恐れがあり、シャンプーの時に黒みや、濁りが強いうつりこんでしまうため、リタッチだけしていても全体が暗くなってしまうのです。

でも、毛先までいつも、染めるとさらに傷むのでは?と、思われていますが、微アルカリ剤のカラーで毛先を染めていく事によってトリートメント効果で艶が戻り、黒みのうつりこみを防ぐことができるのです!



さらに、CALONでは、ファッションカラーを使用し、お客様一人一人の白髪の分量、黒髪の分量、白と黒のコントラストの強さ、仕上がりの明るさにあわせて細かくブレンドして染めています。
白髪染め専用薬剤は、アバウトな染まり幅があるため、黒くなりすぎたり、薄くそまったり、結果にブレがでやすい。それに、しっかりと染まる方向で選定すると、黒くなりすぎる方向にしかそめられない、硬い仕上がりになる。と、不都合なことが多く使いづらいのです。
ヘアカラーにこだわる私たちが選び抜いた調合、ファッションカラーで染め上げる正確性は、顔色肌色にも良い影響を及ぼします!!



ぜひ、一度、カロンのこだわるファッションカラーで仕上げる白髪染めをお試し下さい(^-^)/
皆様のお悩みの解決のお力になれれば幸いです!!
お気軽にご相談下さい(^-^)/

銀座いたまないヘアカラー&ヘッドスパ
大人女性の髪悩みを解決できるサロン
水素トリートメント
黒くならない白髪染め
ファッションカラーの方がキレイに染まる
カラーにこだわるカロンの技術
カロン
カロンホームページ★

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP