ブログ

BLOG

白髪染めで気になる事はどんな事でしょうか?
|ヘアカラー|

こんにちはBeauty&careCALON 産田です。

白髪染めをする時には、何が一番気になりますか?

サロンの

会話の中で多いのは、

髪のダメージや毛先の黒ずみが気になると言われる方や、

明るく染めたいけど、白髪はしっかり染まるのか?

この2つの事を聞かれる事が多いです。

CALONでは白髪染めの薬剤を使わないので、

上記2つの気になる事はクリア出来ます。

ファッションカラーで染めますので透明感のあるカラーになります。

 

白髪染めの薬剤を使わない理由は、

ダメージと毛先の黒ずみを避けたいからです。

 

白髪染めの薬剤は通常のファッションカラーと違いアルカリが強く

色素も黒を中心に作られているので、染める回数が重なると、

黒ずみの原因となったり、ダメージも蓄積されます。

ファッションカラーもかなり明るい色は、アルカリが強いですが、

白髪染めの薬剤の様に全ての色、全ての明度でアルカリが強い訳では無いので、

ダメージの軽減にもなります。

ホームカラーは、白髪染めの薬剤よりもアルカリが強いので、

使用するときには注意が必要です。

白髪染めの薬剤で染めた時の毛先の黒ずみはなかなか色が落ちないので

その事にも注意が必要です。

 

白髪を染める時に明るく染めたいという方は意外と多いです。

余り黒く染めると白髪が生えてきた時に、

コントラストの差がはっきり出るので

白髪が目立ってしまうのが気になる様です。

明るめに染めておくと、

新しく白髪が生えても、

コントラストの差が、

暗く染めた時より少なくなるので、明るめに染めたい方が

新しく生えた白髪が目立たなくなります。

カロンでは”グレーカラー2・0”と言う染め方で白髪を染めます。

単色ではなく、1つのカップに3~4色のカラーをブレンドします。

そのカップを2~3カップ作って髪の場所に合わせて塗布します。

毛先の褪色して傷んでる所には、

低アルカリカラーを使い

しっかりとツヤを出して、

髪を極力ダメージさせないように染めます。

もし、こんな染め方や、髪のお悩みが有るようでしたら

是非カウンセリング【無料】

だけでもご利用くださいませ。

皆様の髪のお悩みにしっかりとお答え致します。

皆様のご来店心よりお待ちシテおります。

産田泰玄

PAGE TOP