ブログ

BLOG

大人世代の美意識!ファションカラーで染める白髪染め
|白髪染め|松田 力丸
 
こんにちは!
 
CALON銀座 松田力丸です!
 
 
 
【"茶色は品がない"時代から、髪色で素敵に見せる時代へ】
 
 
大人の女性たちの美意識の変化はそのまま髪色にも反映されます。
 
以前までは白髪が出てきても仕方ない、サロンでそめるというよりホームカラーでなんとかしのぐだけで、
ファッションとして髪色を楽しむという習慣が根付いていませんでした。
 
髪を明るく染めることは品がないと受け止められ敬遠されていた時代は髪色で自分を表現することができませんでした。
 
 
現在は、
ファーストグレイの年齢が若くなっていることもあり白髪をサロンで染め、その上で髪色を楽しむ人が増えてきました。
 
薬剤の進化もありホームカラーから、
サロンカラーへと移行し、いくつになってもダメージのない美しい髪でいたいと考えるようになってきました。
 
 
【ファッションカラーで白髪染め】
 
 
白髪は白髪染めでなければ染まらない!
 
サロンでもグレイカラーと呼ばれた薬剤で白髪染めをしているため、
 
・これ以上明るくはできない
 
・黒く濁ってしまう
 
・透明感がない
 
・ダメージがひどくツヤがない
 
など、白髪染め特有の問題点がでてきます。
 
 
 
 
 

 
 
当店では、
白髪染めの問題点を改善すべく、
 
 
グレイカラー2.0
 
をご提案させて頂いております!
 
 
グレイカラー2.0は、
ファションカラー(通常のカラー剤)を使用し透明感を残したまま染め上げていきます。
白髪の部分も黒に近いブラウンで染めることで、
黒く濁ることもなく、
明るさや色味のニュアンスを季節などで変えることで透明感が保たれます!
 
 
 
白髪染めで黒くなってしまう、明るくならないの次に多いお悩みが「ダメージ」です。
 
白髪染めはアルカリの成分より高い、
強アルカリ成分が含まれておりキューティクルを剥がしたままの状態が続くため、
髪の毛の栄養分が漏れてしまいダメージへと繋がってしまいます。
 
 
髪の毛に負荷をかけすぎないように、
グレイカラー2.0では根元と毛先で薬剤を分け適材適所の場所に塗り分けております。
 
 

 
 
毛先に塗布するカラー剤は、
トリートメントを配合させた低アルカリ剤を使用したカラー剤でダメージを軽減しツヤと潤いのある仕上がりに改善致します!
 
 
 
 
 


 

明るさや色味を同じようにお楽しみ頂けるよう、

日々の努力を怠らず精進して参ります。

 

お客様のお悩みのお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。

 

 

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!
 
 
 
CALON銀座 松田力丸

松田 力丸

縮毛矯正師・カラーリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA
PAGE TOP