ブログ

BLOG

グレーカラー2,0     (カラーリングセミナー内容)
|西海塾|西海 洋

NISHIGAI LABOから

西海塾の新しいセミナー内容

新発想のグレーカラーのこれからの大人世代にに向けてのcoloring方法

 


グレーカラー2.0


グレーカラーに特化したカラーリングセミナー


 4回コース 

1日 講義 (グレーカラー2, 0について)

2日 モデル実習

3日 グレーカラーのハイライトの講義 リミテッドブリーチ講義 ウイッグを、使っての実習

4日  モデル実習


2回コース

1,講義  デモストレーション

2、モデル実習


1回コース

 講義  デモストレーション


グレーカラー2.0とは、

新しいロジックのカラーリングテクニックです。

グレーカラー剤を使わずに、ファッションカラーを使っての白髪染め方法になります。

グレーカラー2.0

 

白髪染めを、

ファッションカラーを、ブレンドして行うカラーリングテクニックです。

 

⑴アルカリコントロール

⑵ブラウンコントロール 

⑶カラーコントロール

⑷ブラックコントロール

 

アルカリコントロールには、

2つの方法があります。

①アルカリを強くする方法と低アルカリアルカリを使いこなす方法

②ブレンドすることで、アルカリ量を調整します。

2つの使い方を紹介します。

 

ブラウンコントロールには、

色味や、仕上がりの明るさの調節の仕方を紹介します。

 

カラーコントロールには、

白髪染めに色をもたらす方法です。

 

ブラックコントロールは、

仕上がりの明るさと黒さ、黒ブラウンの色味を使いこなす方法を紹介します。

 


白髪染めの成功の方法としては、

①低アルカリを使うことがポイントになります。

②低クリア剤も重要な薬剤

低アルカリの使い方を紹介します。

 


何故か?

白髪が、増えてくる年齢になると髪が細くなります。

脂分が、少なくなります。

髪が、痛みやすくなります。

白髪染めのカラー剤を使うと色が濁ってしまう。


 

美容業界にある白髪染めのカラーリングは、

新生毛用のカラー剤

 

白髪染めのお客様の場合、

毎月カラーリングをされたい、痛めたくない、傷めたくない、艶が欲しいと、悩みがあります。

 

このダメージの原因は、アルカリが強いことで起きます。


ノーダメージの白髪染めは、

毛先のカラーリング剤に低アルカリ剤を使う必要性がある。

 

2.0では、低アルカリ剤を使った使いこなしのカラーリング方法を紹介します。

 

白髪染めの髪は、明るくできない

 

白髪染めの髪は、明るくできません?

何故?

どうやってやったらいいのだろう?

悩みますが、やはりブリーチを使うしか他ありません。

リミテッドブリーチ方法を紹介します。

 

ハイライトをしたい

 

白髪染めのお客様も、ハイライトをしたいと思っています。

効果的なハイライト方法を、紹介したいと思います。


モデルさんを使用してカラーリング実習をさせていただきます。 


回数や内容、人数に関しては、相談の上開催をさせていただきます。

内容、料金に関しては、メールにてお問い合わせください。

メールの問い合わせ

 

 

 

 

 

 

西海 洋

代表・カラースペシャリスト
西海 洋
HIROSHI NISHIGAI
PAGE TOP