ブログ

BLOG

赤みが嫌い!自然な明るさのアッシュカラーってできますか?
|ヘアカラー|カロン銀座

赤みが嫌い!綺麗なアッシュ系のカラーにしたい!

 

と、お悩みではございませんか?
暗めでアッシュ系のカラーをすると、赤みが強く出てしまったり、むらさきっぽく、黒みが出たり…思い通りにいかない。そんなご経験は、ございませんか?

 

アッシュカラー


光が当たっても赤みを感じない、やわらかいヘアカラーをするためには、メラニンの色味を消すことが重要になってきます。
もともとのメラニンが灰色、黄色っぽい方はアッシュ系のカラーが色持ちしやすいので、単純にアッシュ系のカラーを使用するだけでも希望通りにいきやすいです。
しかし、日本人の持つメラニンは、赤み、オレンジみが強いのが特徴的です。
7~8トーンの明るさでは、一番オレンジ、赤みが出やすいので、透明感を出しながら、赤みを抑えて8トーンくらいにカラーする薬剤調合が、必要となってきます。

 

アッシュカラー

 

通常の薬剤選定は、  
A8単色
を、使用されることが多いですが、

N10+N8+A6で、
作り出すアッシュ系のカラーは、透明感を出しながら、オレンジっぽさを抑えて、アッシュ系のカラーを引き立てます!

カラーする前の、髪質、メラニンの色味によっては、ハイライト&カラーのダブルプロセスが必要の場合も、ございます!(^-^)/

お気軽にご相談ください‼(^-^)/

 

 

銀座いたまないヘアカラー&ヘッドスパ大人の髪悩みを解決できるサロン

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP