ブログ

BLOG

白髪染めは明るく染められないと思っていた。
|白髪染め|松田 力丸

 

白髪染めをすると明るくできないと言われてしまい、

このままずっと明るくすることは無理なんだろうな…

 

こんなご経験ございませんでしょうか。

 

昔ように髪の色や明るさを楽しんでいた時のように、

今でも変わらずヘアカラーを楽しみたい!

でもエイジング毛になってからは、

艶もなく白髪染めも使うようになってからは明るさも楽しめない。

 

このようなお悩みに悩まれていませんでしょうか。

 

今回は、

白髪染めはなぜ明るくできないのかついてと、

白髪を明るく染められる方法をご紹介させていただきます。

 

 

〜白髪染めは明るくできない〜

 

ドラッグストアで売っている白髪染め、

美容室で染める白髪染めには黒の染料が含まれて作られています。

 

黒い染料が含まれてる理由は、

白髪の白い毛に対して誰がやっても綺麗に染められるように

作られています。

 

 

 

黒い染料がある以上、

明るいカラー剤で明るさを出そうとしても明るくならず、

暗いまま、黒いまま、で変化なくダメージを負ってしまいます。

 

 

黒髪の仕上がりがお好みの方、

暗髪の仕上がりがお好みの方は白髪染めで染められる

メリットがあるため使用しても問題ありません。

 

しかし、明るい仕上がりや色味を楽しみたい方には、

オススメしません。

 

 

〜白髪を明るい染められるメソッド〜

 

 

白髪染めに対するお悩みをお持ちの方に、

白髪染めは使わずファッションカラー剤のみを使用した

”グレイカラーメソッド”

を明るい仕上がりにされたいお悩み解決の方法として、

お客様へご提案させて頂いております!

 

 

白髪のある部分にはグレイカラーメソッドによる、

明るさや色味を楽しむことができますが、

白髪染めによる黒宮暗さを感じてしまう箇所は

黒い染料が深く残り過ぎてしまい

ファッションカラーでも明るくすることが難しいです。

 

 

白髪染め履歴の黒みや暗い箇所は、

ファーストカラーとしてブリーチを使用したハイライトを入れていきます。

ハイライトを入れながら、黒い残留を削り明るさを出した後に、

オンカラーによる色味や明るさの補正をしていきます。

 

 

ハイライトを入れていくと明るくなるだけでなく、

白髪染め独特の赤みも削ることができるため、

アッシュ系の色味が綺麗にでやすく透明感を維持したまま

保つことができます。

 

 

 

白髪染めの構造を知り、

適材適所に施術を行うことによって

色や明るさを楽しみながら艶のある髪質も維持できる、

”グレイカラーメソッド”で、

お悩みのお役に立たせて頂けましたら、幸いでございます。

 

カウンセリングのみのご予約も承っておりますので、

何なりとお申し付けください。

 

 

 

ホームページからのご予約はこちらから

 

 

LINE@からのご予約・ご相談も承っております!

 

QRを読み込んで頂くまたは、

リンク先のページから読み込みお送り頂けましたら

幸いでございます!

 

ご予約だけでなく何か気になることがございましたら

何なりとお申し付け下さい。

 

 

LINE@リンクページ


 

 

 

 

CALON銀座   松田力丸

 

松田 力丸

 

 

松田 力丸

スタイリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA

OTHER BLOG

PAGE TOP