ブログ

BLOG

白髪染でも明るい茶色にしたいのに、、いつも黒っぽくなるのをなんとかしたい、、
|白髪染め|菊池 真里亜

「白髪染で明るい茶色にしたい」

とオーダーしているのにいつもかなり暗めの茶色になってしまいます。

と,,,

こんな経験はございませんか?

白髪が出てきても、今まで通りの「茶色」に染めたいだけ。

変わったことをしたいわけでもない。

なのに、なんでできないの???_:(´ཀ`」 ∠):

 

とお悩みのお客様からのご相談です。

 

Q. 白髪を染めながら、希望の明るい色に染める方法はありますか?

どこの美容院に行っても、明るい色に白髪を染めるのは難しく、黒に近い茶色しかできないと言われてしまします。

 

A.「グレイカラー2,0」なら、明るい茶色に染めることが可能です!

   透明感もあり、自然な優しい茶色にすることができます。

 

グレイカラー2.0とは?

この、グレイカラー2.0とは、ファッションカラーだけの調合で白髪を染めることができ、理想の明るさとニュアンスを楽しむ事ができる

「白髪がない人に見える白髪染め」です。

 

従来の白髪染めは、なぜ、「黒っぽい茶色にしか染められない」のでしょうか?

それは、「白髪染め専用薬剤」を使用しているからです。

その、「白髪染め専用薬剤」の中には、黒褐色という緑がくすんだような艶のない濁った黒い染料が

入っており、それが、黒くなってしまう原因の一つとして考えられます。

この染料は、白髪をしっかりと染めてくれるのですが、

一方で、白髪のない黒髪部分は濁って黒っぽい色にしてしまうため、

明るい色にしたいという希望に応えることができません。

でも、グレイカラー2.0なら、お客さまの希望されるどんな色にも近づけることができます。

 

ピンクベージュ、アッシュブラウン、キャラメルブラウン。など、

言葉のニュアンスと髪色に見える、感じる色味のニュアンスが楽しくてヘアカラーをしていたはずなのに、、、

 

白髪が出てきた瞬間に、決まった色にしか染められないから、自分の好きなニュアンスや、

それを叶えるヘアカラーの話ができなくなってしまうなんて、悲しすぎます。

「グレイカラー2.0」は、そんなお客さまの願いを叶えるために代表のニシガイが考案したカラー剤です。

白髪が目立ってしまう理由って、、、、、?

 

白髪が目立ってしまう理由は、「白」と「黒」のコントラストです。

従来の白髪染めが、そのコントラストをなくすために白髪もその他の髪も暗く染めるのに対し、

グレイカラー2.0は、白髪以外の部分に対して「透明感」を作って素材の透け感(光の透過度)を近づけていきます。

そうすることによって、白髪とそれ以外の部分の質感が近づき、希望する色・明度に仕上げていくことが可能になります。

 

今までの白髪染めに対する常識は捨てて、

明日から始まる毎日を、新しい自分で楽しんでいきませんか?

 

CALON銀座は、グレイカラー2.0で、あなたの潜在的な美しさを引き出します。

本当の美しさを。

お気軽に、お問い合わせ・ご相談くださいませ。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

出会いに感謝しております。

 

 

 

菊池 真里亜

代表・カラースペシャリスト
菊池 真里亜
MARIA KIKUCHI

OTHER BLOG

PAGE TOP