ブログ

BLOG

40代女性の白髪の出始めは白髪染めの方が良いの?
|白髪染め|菊池 真里亜

40代女性の皆様、白髪のではじめにお悩みではございませんか?

もみあげや、頭頂部の見えるところに突然あらわれた白髪の存在を見てみぬふり

をしていて、抜いてしまったり、なんとなくカラーリングでごまかしていたけど

最近10本くらいに増えてきて抜き続けるのも不安・・・

と、お悩みではございませんか?

こんなとき、「白髪染め」をするべきか。

「白髪染め」に対するイメージは

・老けて見える

・不自然

・黒っぽい

などが悩みの種ではないでしょうか?

 

今まで通りのヘアカラーしていきたいし、

せっかく染めるなら流行りの色も

楽しみたい!

 

そんな時は

新世代カラーリング

「グレイカラー2.0」

https://www.youtube.com/watch?v=YBpEmkuetRI

をお試しになってみてください!

グレイカラー2.0とは

ファッションカラーだけで染めていく新感覚カラーリング方法です!

ファッションカラーのラインナップの中にも

黒に染めるラインがあります。

N1、N3、N4です。(メーカーによって番号の表記が異なります)

単純にこの番号を使用してカラーリングすると真っ黒になります。

グレイカラー2.0では

 

N10 N9   ・・・黒髪部分を明るくし、透明感をつくる。

N6 N7 N8 ・・・ 全体のブラウンの風合いを整える。

N3 N4      ・・・白髪を染める。黒髪を明るくして作った透明感と白髪のコントラストを消す。

A M O P   ・・・仕上がり希望色、なりたい印象、トレンドを色味を加えてニュアンスを作る。

 

を、染める前の白髪の分量と残っている黒髪の分量を毛髪診断で見極めブレンドしていくカラーリングです。

一般的に茶色にカラーリングされている方で一番多い明るさが8トーン前後ですが、

グレイカラー2.0では、黒髪ベースを10 トーン、9トーンにわざと明るくする作業が入るため、

6、4トーンの薬剤をブレンドし、整えます。

これがファッションカラーだけで染められる仕組みです。

白髪がない髪で8トーン前後にカラーリングする場合

通常はN8を薬剤選定して染めていきます。

白髪染めをN8に混ぜて「明るい白髪染め」をしている方もいらっしゃると思います。

白髪も染まっていて、印象もよく、ご満足されていれば特にカラーリング方法を変える必要はございません!

【グレイカラー2.0】

https://www.youtube.com/watch?v=RSbRw8_fHE8

 

 

2つのカラーリングした後の髪質、発色を比較すると

・透明感がある←→ くすんでいる

・艶やか←→濁っている

・色味を楽しめる←→色を選べない

・若く見える←→年相応に見える

・やわらかい←→ゴワつきが残る

など、違いがでます。

これは白髪染め専用薬剤の特徴が混ぜることによって反映されてしまうからです。

 

後ろ姿は20代!がコンセプトです。

是非一度、お試しになっていただけましたら幸いです。

 

皆様のこれからの人生に髪色で

華を添えるお手伝いができたら嬉しいです。

お気軽にご相談、お問い合わせください。

 

悩まれている方々のお役に立てることが私達の使命であり喜びです。

サロンでお待ちしております^_^

 

写真左:グレイカラー2.0開発者 代表取締役 西海 洋

写真真ん中:お客様 藤井さん

写真右:私です 店長 菊池真里亜 (きくちまりあ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊池 真里亜

店長・カラースペシャリスト
菊池 真里亜
MARIA KIKUCHI

OTHER BLOG

PAGE TOP