ブログ

BLOG

白髪染めをしていると顔周りだけ黒く染まった経験ございませんか?
|白髪染め|カロン銀座

最近、白髪が出てくるの早い気がする・・・

すぐ気になってしまう。

2週間で染めなきゃー!!

と、ご自宅でもセルフカラーしながら、サロンに月に1回通われている、大人女性の皆様!

顔周りだけ、気がつくと黒く、暗くなっていませんか?

 

 

これは、「白髪染め」の残留ティントが過度に染まりすぎてしまっていることによっ

て起こりうる現象でございます。

 

「でも、白髪をほっとけないし、ちょっと明るめにすると、キラキラする気がするし・・・」

と、お悩みではございませんか?

 

白髪を頻繁に染めながら、暗く、黒くしないカラーリング方法がいくつかございます。

ほんの一部をご紹介いたします!

1)暗くなってきたら、定期的にハイライト(脱線)して、トーンをコントロールする。

2)ご自宅のセルフカラーは、少し短めに放置する

3)ファッションカラーだけの調合でクリアに染める

 

などです。

 

 

ついつい、自宅でセルフケアする時は、ほんの少しでも保たせたい!!

と、気持ちが抑えられなくなり、しっかり染めすぎてしまう環境でございます。

少し馴染めば、綺麗に見えます!

白髪に一点集中しすぎずに、気楽に楽しくセルフケアされることをおすすめいたします。

サロンにご来店の際に、黒さを感じたところだけをハイライトで、脱染してもらうことも、

綺麗な茶色を保つために、必要です!!

ご担当美容師さんにご相談なさってみてください!!

 

 

 

ファッションカラーだけで染める「グレイカラー2.0理論」は4色ブレンドを行うことによって、

皆様のなりたい印象に合わせて、メラニンの色、白髪の量、黒髪とのコントラスの差を見極め、薬剤調合し染めていけるため、黒くなりません!!

ハイライトも黒さを治すためではなく、ヘアカラーを楽しむためにニュアンスプラスデザインとして取り入れていけます。

 

染める前の状態が、白髪が出てきたら「白と黒」が混在している毛髪。

染める前の状態が、白髪がなければ『黒』だけの毛髪です。

 

上記の異なった毛髪の状態を、

染め上がりの印象は同じにするためには『染め方』を変えれば可能なのです!!

 

今までの考えを、ガラッと変えてなりたい印象になりませんか?

ヘアカラーでやりたいこと、なりたい印象を諦めていらっしゃいませんか?

 

全ては、やり方次第!

諦めないで下さい!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

皆様のお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。

 

CALON銀座

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP