ブログ

BLOG

白髪を染めるには暗い色しかないと諦めていませんか?
|白髪染め|松田 力丸

 

こんにちは!

CALON銀座スタイリストの松田力丸です!

 

白髪を染めるのは白髪染めでないと染まらないから、

暗句なってしまうのはしょうがない。

と、諦めていませんか?

 

白髪染めによる暗くなってしまった、黒くなってしまったお悩みを、

当店ではブリーチを使用したハイライトカラーをご提案させて頂いております!

 

”白髪染めで髪の毛が傷んでいるのにブリーチを使ったらもっと傷みませんか?”

 

と疑問をお客様からも多く頂きます。

 

ブリーチ。

と聞くとどうしても酷く傷んでしまわないかと思われてしまいます。

ブリーチはアルカリ濃度がカラー剤の中で一番高い故にメラニンを攻撃する力も強く

明るくなると同時にキューティクルが過剰に開き、中に含まれるタンパク質などの栄養分が破壊されてしまい

ダメージとして残ってしまいます。

 

しかし、こういったダメージはブリーチに対して過酸化水素水6%で混ぜ合わせ髪の毛に反応を起こした際に、

髪の毛へ受けてしまう負担になり現在の美容業界では処理剤などを混ぜたり元々優しいブリーチ剤などと

変化してきています。

 

優しいブリーチを使用したり処理剤などを混ぜて使用しても髪の毛へのダメージは軽減されますが、

白髪染めや黒染めといった残留で残った「黒」だけを削るとまだブリーチのパワーが強すぎてしまい

メッシュのように金髪になる恐れがございます。

ダメージを極力避け金メッシュも避け、黒みを削りながら明るさ調整を柔軟にコントロールできる方法として

CALON代表西海考案の”リミテッドブリーチ”方法で暗くなってしまった、黒くなってしまったお悩みのお役に立たせて

頂いております。

 

リミテッドブリーチとは、

通常のブリーチ剤にクリア剤といった色を薄める効果のあるカラー剤を混ぜて調合させ

ブリーチとクリア剤の比率によってダメージを減らし明るさをコントロールすることが可能になる

ブリーチ施術です。

リミテッドブリーチを使用して白髪染めや黒染め対応だけでなく、

赤みやが強い方にも少しだけ抜きハイライトで入れることによって明るさを保ちながら、

明るさを出しながらブルーやアッシュ、マットの色味を加えると

赤みを抑えながらグッと際立つ寒色系のカラーリングとハイライトの立体感で

スタイリングだけでなくアレンジも楽しんでいただけます。

 

 

白髪染め、黒染めで黒くなってしまった、暗くなってしまったお悩みの方、

ぜひ一度ご相談させてください。

 

お客様の大切なお髪のお悩みのお役に立たせて頂けましたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

LINE@始めました!

 

・自粛中、美容室に行けていない。

・白髪染めをしたら黒くなってしまった、暗くなってしまった

・傷みすぎてる髪を髪質改善したい。

・白髪を染めながら明るくしたい

・赤みを無くしたい

 

など、美容室に実際に行ってみないと聞けないお悩みを

LINEで聴けるシステムを導入いたしました!

 

どんな小さなお悩みもお待ちしております!

お気軽にお問い合わせください。

 

登録はこちらから↓↓↓

 

LINE@松田力丸

 

CALON銀座  松田力丸

 

 

松田 力丸

スタイリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA
PAGE TOP