ブログ

BLOG

白髪染めで染めると暗く(黒く)なるのはなぜ?
|白髪染め|カロン銀座

白髪染めを使わないと、白髪が染まらなくなってきた…でも、どうして白髪染めで染めると黒っぽく暗くなっちゃうの?

白髪がめだたないようにきれいにしていただいただけなのに、黒くなるなんて…

 

白髪染めを使うと黒くなる理由は、

白髪染め専用薬剤には、黒褐色という、緑色がひどく濁った黒い染料が混ざっているからなのです。

茶色くきれいに艶っぽく染めたいときは、この黒褐色が天敵です。

悲しいことに、美容室業界の昔からの教えで、白髪がでてきたら白髪染め専用薬剤を使いましょう!!と、なってしまっています。

白髪染めという薬剤は本当に画期的な素晴らしいツールだと思います。しかし、この濁りや黒みを必要としている人に限ります!!

茶色く明るく染めたい方には、適していません!

薬剤の特徴をしっかりと捉えておくことによって、適材適所に使いこなしができるはずです。

カロンでは、ファッションカラーを使って白髪染めをしています。

ファッションカラーのラインナップの中にも黒の番号があります

黒の番号と、透明感を作る明るくする番号を混ぜていきます。2つだけでもいいのですが、これだけだと黒っぽい茶色、焦げ茶色しかうまく表現できません。そこでさらに、中間色の番号をブレンドします。

このバランスを比率でコントロールしていきます。

 

白髪の素材と黒髪のコントラストがなじみ、透け感の中に深みでカバーされた8〜9トーンのきれいなベージュ、ブラウンに仕上げられます!!

 

カラーリングのことなら、お任せください!

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP