ブログ

BLOG

白髪染めによる黒い仕上がりに悩まれていませんか?
|白髪染め|松田 力丸

 

こんにちは!

CALON銀座 松田力丸です!

 

伸びてきた白髪を染めようと白髪染めで染めたら

黒くなってしまい明るくできませんと言われてしまった。

 

このようなお悩みに悩まれていませんか?

 

白髪染めの黒みは白髪染めカラー剤に含まれる黒い染料、

によって髪の毛に黒く残ってしまいます。

 

特に白髪の気になる顔まわり、表面はしっかり染めたい部分でもある為、

念入りに染めていきますが仕上がった時に黒くなってしまうことによって

印象の変化が起きてしまい思っていた仕上がりと全く異なってしまいます。

 

黒くなってしまった部分を一番明るいカラー剤で明るくしようと試みるても、

残ってしまっている黒い染料はびくともせず強いアルカリ剤によって髪の毛が傷んでしまいます。

 

このようなお悩みをお持ちの方に、

CALONではブリーチを使用して髪の毛に残った黒い残留を削り

ブリーチで明るくしたところにもう一度カラーリングを施す

”リミテッドブリーチ ハイライト”理論をもとに白髪染めによる黒みを撃退させて

頂いております!

 

通常のブリーチハイライトはブリーチ剤を単体で使用してしまうとメラニンが破壊され、

金メッシュのようなギラギラした印象を髪の毛もダメージを受けすぎてしまいます。

ましてや、白髪染めを繰り返している髪の毛は白髪染めの薬剤パワーによって酷く傷んでしまっているケースも多く、

これ以上傷ませたくないと思うお客様も沢山いらっしゃいます。

 

黒い染料を抜くだけで印象を変えていくことが目的である為、

明るくなりすぎてしまったりダメージを受けてしまうと思っていたような仕上がりになりにくいです。

 

 

リミテッドブリーチハイライトでは、

ブリーチ剤に対してクリア剤というコントロールカラーのできるカラー剤を

髪質・履歴・ダメージ具合・なりたい仕上がりに対して20%〜30%配合させ、

黒みの状態から8〜9トーンの明るさまで抜いていきます。

 

全体を塗布するのではなく”ハイライト”でぼかしその後に、

オンカラーとして根元をアルカリカラーで染めながら毛先は低アルカリカラーで

必要以上にアルカリを使用しなようにカラーリングをすることによって、

穏やかに色が入り低アルカリカラーのトリートメント効果によってダメージのないような

仕上がりになります!

 

 

白髪染めによって黒くなってしまいどうにかしてほしい!!

 

このようなお悩みをお持ちのお客様のお悩みのお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。

 

 

 

CALON銀座 松田力丸

 

 

松田 力丸

スタイリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA
PAGE TOP