ブログ

BLOG

白髪もしっかり染めて赤みも消したい!
|白髪染め|カロン銀座

 

 

白髪もしっかり染めて、赤みも消したい!でも、みどりっぽくなりすぎて、顔色が悪くなったり、冷めてみえるのはいや!

ほどよく赤みを消してなめらかなベージュでいたい!

 

 

と、やりたいけど本当にやれるのか?心配になってお悩みではございませんか?

 

 

 

白髪を染めるとき、赤みがでやすくなる、ことが感じやすい原因のひとつに、白髪染め専用薬剤による赤黒い染料の発色や残留が考えられます。

白髪がではじめた時の黒髪の色はメラニンの赤みがなくなってきます。本来であれば赤みはでにくくなっていくはずです。

もしくは、白髪が数本ではじめたばかりで黒髪がしっかりと黒々していることが考えられます。

 

こんな時!赤みを感じやすいメラニンのでる領域を越えて明るくして透明感をだし、赤みを消すためのアッシュ、マット、モノトーンなどのニュアンスを加えて調整します。

この薬剤の使いこなしや、髪色に対する考え方は白髪染め専用薬剤では実現できません。

 

 

カロン流カラー、カロンの得意なカラー技術のひとつ、「ファッションカラーだけを使用して白髪も染めながらなりたい髪色になる」方法が実現いたします。

 

なぜ?そんなことができるのか?ファッションカラーだけのほうがうまくいくのか?

それは皆様お一人、お一人の白髪の量、白髪の色、残っている黒髪の色、量を見極めて細かい比率でブレンドしていけるからです。

 

 

透明感を作りながらブラウンコントロール、赤みを抑えるためにニュアンスコントロールし、白髪をしっかりと染めるための濃い染料をプラスして染めていきます。

ニュアンスコントロールする色は赤みを抑えるために色々とあります。季節にあわせて、気分に合わせて!ニュアンスコントロールされた綺麗なベージュを楽しんでみませんか??

 

お気軽にご相談ください!

CALON銀座

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP