ブログ

BLOG

白髪を綺麗な茶色、ベージュに染めたい!カロンのブレンド方法
|白髪染め|カロン銀座

 

白髪を綺麗なベージュに染めたい!
でも、そんな事って本当にできるの?
色々なサロンで相談しても…
白髪染めをするなら暗めにしっかり染めないとすぐ目立ちますよ!と、言われてしまうし…

 

 

 

と、やりたいヘアカラー、なりたい印象になれずにお悩みではございませんか?

 

 




最近は薬剤の進化が素晴らしく、明るく染められる白髪染め専用薬剤が沢山存在しています。

しかし!
その薬剤は、黒髪と白髪がどのくらいの割合で存在する人が研究サンプルになったものなのでしょうか?
白髪のキューティクルがどのくらいのかたさの人がサンプルになっているのでしょうか?黒髪の色や透明感はどのようなひとなのでしょうか?



必ず、サンプルになる人物像が存在しているはずです!

白髪に悩む女性の髪の状態は皆様違っています。
明るく染まる白髪染め専用薬剤がピッタリの方もいらっしゃるとおもいますが、100人いたら100通りの毛髪状態は存在しています。
だから、うまく染まらない、サロンでは、染まっていたけどすぐに白髪がギラギラしてくる。
など、結局キレイな茶色や、ベージュには染めきれていないのが現状だと、初めてご来店くださるお客様のお話をおうかがいしていると、感じます。

私達、カロンでは、皆様それぞれに合う100通りのなりたい印象、やりたいヘアカラーをファッションカラーの独自のブレンド方法の技術で毛髪状態に合わせて明るく綺麗な茶色、ベージュに染めています!

なぜ?そんな事ができるの?ファッションカラーは染料が薄いから染まらないのでは?と、思われていますが白髪は、白い素材、黒髪は黒い素材で、この2種類のコントラストが離れた色が隣どおしに存在しているから白髪が目だってしまっているのです。
この2つの素材を両方同じような透明感のある綺麗な茶色、ベージュにするために!

まず、黒髪を白髪の透明感に近づける明るさをつくることをイメージして薬剤をひとつ選定します。

次に色味の方向性を決めるブラウンを選定します。(赤みのある茶色、赤みを抑えた茶色)

そして、白髪の透明感を黒髪が明るくなったところに合わせて茶色にしていくために、少し黒い薬剤を選定します。

最後に白髪にはメラニンの赤みが消えているので艶と自然な素材をつくるために、ほんの少しだけメラニンの補正用の薬剤を選定します。

上記の4つの薬剤を選定し、あとは、希望されている仕上がりの明るさ似合わせてブレンドする比率を決めていきます。

このようにカロン独自のブレンド方法によって、ファッションカラーだけで白髪も染めて綺麗な茶色、ベージュにそめられるのです!それでも物足りない場合は、ダブルプロセス方法でハイライトを使用し、さらに明るさや透明感を出していけます!



ファッションカラーでブレンドして仕上げる白髪染めは、やわらかくて自然な雰囲気に仕上がります!

私達のヘアカラー技術、ブレンド方法が皆様のお役に立てたら嬉しいです!

お気軽にご相談下さい.。

 

 

CALON銀座

 

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP