ブログ

BLOG

「40代向け白髪」白髪をしっかり染めるカラーってどれが一番いいの?
|白髪染め|カロン銀座

 こんにちは!!

 

本日のお悩み相談は、「白髪染め」についてです。

髪の毛や環境に優しく、よく染まる! 

ナチュナル派におすすめ! などと言いキャチコピーで販売されている、ヘアカラー商品が溢れている世の中。

情報がたくさんありすぎて、何をしたら良いのか?何を選んだらいいのか、、とっても迷ってしまいます、、、。

 

Q 白髪を染めるには白髪染め、ヘアマニキュア、ヘアカラー、一番オススメはどれですか?

 

白髪をしっかり綺麗に染めるには「ヘアカラー」がおすすめです。

白髪が染まっている状態は様々です。

ここで、重要なのが「仕上がりのイメージ」です。

明るさは?印象は?どんな女性像を求めていらしゃいますか??

白髪が目立つ原因はたくさんの要素が含まれますが、一番の原因は 「白と黒のコントラスト」です。

このコントラストを、何でどのように消していくか?

「ヘアカラー」の場合、二種類の方法があります。

1) 「白髪染め専用薬剤」を使用して白髪を染めていくのが一般的ですが、白髪染め専用薬剤に含まれている「黒褐色」という、緑がひどく濁ったくすみ、黒みも出てしまい、蓄積すると、ごわつきの原因につながります。

そして、人間が持ってない不自然な黒みや、濁りが存在しているため白髪が伸びてきたのがとても目立ってしまいます。 さらにしっかり染まりますが、「白髪を染めている人」「白髪がある人」に見えてしまうので老け込んだ印象に見られがちです。

 

2)「グレイカラー2.0」は、ファッションカラーを4色ブレンドさせて染める白髪染め方法です。「白髪がない人に見える白髪染め」です

ファッションカラーは濁りがなく、ごわつきも出ないため、ダメージレスに染めていけます。透明感のある綺麗な茶色を楽しむことができる、なりたい印象になれる理想的なヘアカラーです。ファッションカラーだけをブレンドさせて染めていくので白髪がなかった頃に戻れます。−10歳の印象が手に入ります。透明感をキープしながら染めていく効果として、生え際の伸びてきた白髪がぼけて目立ちにくく感じます!

 

3)低アルカリ剤、酸性カラー剤だけで染める方法もあります。

この方法は、白髪がほとんどで、白の素材がおおいひ方のみ、染色する濃さや色味の鮮度が表現することができます。

白髪よりも黒髪が多い方は自然な黒髪に染めていく仕上がりの場合有効的です。

低アルカリ剤はトリートメントのように艶が出るのでダメージレスです。

頭皮が弱い方にはオススメです。

「ヘアカラー」にも色んな方法で白髪をしっかりと染めていくことができるのです

 

「マニキュア」は明るくすることができないので黒めのダークな色にしか白髪をしっかり染めることしかできません。 マニキュアの染毛時の特徴の関係で頭皮につけられません。

白髪を生かしてメッシュのように見せていく場合、オレンジや赤など、鮮度の高い色で染めていくケースがあります。はりこしが出る質感もマニキュアの特徴。猫っ毛や髪が細い方、ショートヘアの方に有効的です。

仕上がりの印象は、マニキュア感が出ますので昔ぽっさ、昭和っぽさを感じやすいです。   

今どきな印象にしたい時はあまりオススメできません

ご参考になれば幸いです!!

お気軽にご相談ください!

スタイリスト
カロン銀座
CALON GINZA
PAGE TOP