ブログ

BLOG

白髪染めをしたら明るく出来ませんと言われてしまったことございませんか?
|白髪染め|松田 力丸

 

 

こんにちは!

 

 

CALON銀座 松田力丸です!

 

 

 

1年くらい前に白髪染めをし、

暗い色が飽きてきてので明るくしようとしたところ

「白髪染めをしていたら明るく出来ません」

と言われてしまったことございませんか?

 

 

白髪染めしてから時間も経っていた為

大丈夫かと思っていたのですがこのままずっと伸びきってしまうまでカラーリングはできないのか?

強い薬を使えば明るくなると言われたのですが髪は傷んでしまいますか?

とお悩みもお聞きします。

 


 

明るくしたい!

でもダメージが気になる…

 

 

今回は白髪染めで暗くなってしまった髪の毛を極力ダメージをさせずに

明るくさせるカラーリングをご紹介させて頂きます!

 

 

 

 

“白髪染め特有の黒い色を削るブリーチハイライト”

 

 

 

白髪染めを使って暗くなってしまう原因は、

白髪染めには特有の黒い染料が含ませております。

 

この黒い染料が髪の毛の中に残ってしまうことで

明るくすることができず髪の毛が濁って見えてしまい肌色もくすんで見えてしまいます。

 

 

 

残ってしまった黒い染料を取り除く為には、

ブリーチを使って黒い染料を削って明るくしていきます。

 

 

昔の様に色や明るさを楽しみながらカラーリングを、

当店でオリジナルの

「リミテッドブリーチハイライト」

理論で印象を変化させていきます!

 

 

 

“リミテッドブリーチハイライトで明るい印象を”

 

 

 

 

リミテッドブリーチとは、

代表西海が考案した新しいブリーチ理論であり

ブリーチに透明なカラー剤であるクリア剤といったカラー剤と調合させ、

ブリーチの力をコントロールさせながら明るくさせていくカラーリング理論です。

 

 

全体に塗ってしまうと明るいところと暗いとところのムラがおきてしまい、

ギラギラとした印象に見えてしまう恐れがございますので

初めは前から見た印象から顔まわりや襟足の部分にハイライトでリミテッドブリーチを入れて

今の印象から華やかな印象に見える部分に10枚ほどハイライトを入れていきます。

 

 

 

強いカラー剤で時間を明るくなるまで置いてしまうと明るくならなず

激しくダメージしてしまいただ傷んでしまったケースが多いのですが、

ブリーチも使っている分今の暗さから1〜2トーン明るくさせて

放置する時間も10分〜15分放置させ髪の毛へのダメージも軽減させることが可能になります!

 

 

・白髪染めで暗くなってしまい明るくするのを諦めてしまっている方

 

・明るく出来ませんと言われてしまった方

 

 

 

ぜひとも一度私にお任せ下さい!

お悩みのお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。

 

 

ご予約はこちらから

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております!

 

 

CALON銀座 松田力丸

 

 

 

松田 力丸

縮毛矯正師・カラーリスト
松田 力丸
RIKIMARU MATSUDA
PAGE TOP