銀座カロンカラーヘアカラーグレイカラー悩み白髪明るい白髪染め髪質改善

40代女性必見!明るく染める白髪染めのカラー技術はグレイカラー2.0!

  • 2018年08月08日
  • ヘアカラー
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン

ハイトーン、明るい白髪染めってできるの??

白髪があるから明るくするのは難しいと、言われ続けて、あきらめていませんか?

 銀座カロンカラーリング悩み白髪明るい白髪染めグレイカラー髪質改善

 

 

先日、明るい白髪染めをご希望されるお客様

がおっしゃっていました。

 

サロンにいったとき、「明るく白髪も染められるヘアカラー」と、メニューに書いてあったから、期待してオーダーしたら、会社がそうゆう打ち出しをしているだけで実際はできないんです…と、言われて、諦めるしかなかった…と、悲しいエピソードをお話になられておりました。思わせ振りは、辛いですね…

 

最近、白髪も染めながら、今まで通りの綺麗な茶色に染めたい!と、いう願望は、当たり前になってきているように感じております。

 

実際に明るく染まる白髪染めのラインナップも続々と、増えていますし、その薬剤で綺麗に染まる方もいらっしゃいます。どうせ染めるなら!絶対的にかわいくなりたい!綺麗になりたい!と、想うのは当たり前だと思います。

 

では、なぜ?

染まる人と染まらない人が出てしまうのでしょうか?

 

 銀座カロンカラーリング悩み白髪明るい白髪染めグレイカラー髪質改善

 

それは、「髪質」「白髪の比率」にあります。

染まりにくい人の傾向は、黒髪がまだしっかりある。白髪が数本、黒髪の色がしっかりとした黒さがある。

 

染まりやすい人の傾向は、黒髪が灰色っぽくグレイッシュな透け感のある状態のことが多いです。

白髪とのコントラストもはっきりとしていないため、染まりやすいです。

 

染まりやすい傾向を持っている方はハイトーン用の白髪染めを使用しても綺麗に染まる確率が高いです。

染まりにくい髪質、傾向をお持ちの方は、難しいケースがほとんどです。

 

しかし!白髪染め新時代の今、「グレイカラー2.0」のカラー技術で染まりにくい人も!綺麗な茶色に染めていけます!諦めないで下さい!!

私たちはファッションカラーだけを使用して白髪も染めていきます。

白髪は白い素材です。

白い素材と、黒髪の黒い素材ををどのようにしていくか?を考えながら、薬剤を調合しております。CALONのカラーに対する考え方「グレイカラー2.0」は、あらゆる角度から髪の毛の事を考え、結果に結びつけるための方法です!

 

 

なるべく傷まない配慮をしたヘアカラー、ハイライトや、ダブルプロセス、キューティクルをケアしながら明るくするブリーチ(オラプレックス処理)など、沢山の技術や、手段、知識を持ち合わせております!

 

皆様のお悩み解決にお役にたてましたら幸いです!

お気軽にご相談下さい!(^-^)/

 

銀座いたまないヘアカラー&ヘッドスパ

大人女性の髪悩みを解決できるサロン

白髪はファッションカラーだけで染める

今までと変わらない茶色を楽しむ

可愛くなれる白髪ぞめ

白髪も黒髪も素材の違いだけ

コントラストをいかに打ち消すかがポイント

カロン

カロンホームページ★

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ