銀座カロンカラーリング悩み明るい白髪染め自然な黒髪

黒髪にも色があります!アッシュが出にくい悩みはメラニンが原因?

  • 2017年11月12日
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン

黒髪にも色があることをご存知でしたか?

実は、この黒髪のもつ色(メラニンの色味の種類)を理解しておくいことはヘアカラーする際にとっても重要となってきます。

 

髪が本来持っている色は希望のカラーに染める際、仕上がりの色に大きく影響します。

髪が本来持っている色は希望のカラーに染める際、仕上がりの色に大きく影響します。

 

髪色を決めるのはメラニンの種類と、その分量と

なってきます。

 

大きく分けて4つの色に分類し、判断しております。

 

 (メラニンの種類)

1、ナチュラルに感じる赤みのある髪

2、青みを含んだような黒い髪

3、黄みを感じる髪

4、グレーを感じる髪

 

(メラニンの種類の特徴)

1、赤系…赤みが強い・日本人に多い。アッシュ系が出にくい。

2、青系…青みが強い・全般的にカラーが入りにくい

3、黄系…欧米人に多い・カラー剤が反応しやすい

4、灰系…グレーかかっている・細毛軟毛の人に多い

 

メラニンが多い髪は黒く見えますが、壊れていくと(明るくすると)赤っぽくみえます。

 

日本人の黒髪は明るくしている時に、

 

「黒→赤→オレンジ→黄」

 

と、色相の変化が起こります。

 

単純にカラー剤を単色で使用し、ムラなく綺麗にうまく染まるときは染める前の髪の毛の状態が均一の色相、色をしているからです。

 

色や明るさが分かれているときほど、0.5トーン、1トーンの明るさのずれ、色相のズレを見極めて、適材適所につくり分けて、塗り分ける、ヘアカラーの方が、色持ちも良くなり、丁度いい感じの仕上がり感を保持しやすくなるのです!!

 

色ムラや、色抜け、色落ちなどにお困りでしたら!

アッシュ系が長持ちしない!うまく発色したことがない!!

 

と、お悩みをお持ちではございませんか??

 

毛髪診断、メラニンの色味診断のもと、原因を解明し、適切なヘアカラーの方法のご説明、プランニングをいたします!

 

お気軽にご相談ください!!(^O^)

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ