o0960064013881172432

白髪は、白髪染めじゃないといけないの?

  • 2017年04月15日
  • ヘアカラー
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン

 

白髪が出てきてしまったことによって、今までしていたヘアカラーから、白髪染めに変えなきゃいけなくなってしまったの…

と、悲しい思いをされていませんか??


『白髪染め』『普通のヘアカラー』『ファッションカラー』って、何が違うの?どうして、違ってしまうの?と、ご質問を受けることが多くございます。

 

白髪染め?ファッションカラー?

白髪染め?ファッションカラー?

 



自然な黒髪っぽさも、ファッションカラーならではの艶と、透け感とのバランスで作り上げています。

 

 

白髪染めは使わない方がいい!?

白髪染めは使わない方がいい!?

 



日本の薬事法で、使える材料は決まっています。

では何故、仕上がりが違うのか?美容師さんから説明される内容も区別されるのか?

 

実は白髪染めというツール自体がすごく濁っていて、緑っぽく黒々しい黒褐色という染料が多く混ざっているからなのです。

 


しかし、これは悪いというわけではなく、ちょうどよく感じる方もいらっしゃいます。


薬剤の特徴をよく理解し、お客さまのお望み、ご要望に添いながら、仕上がりをイメージしていくなかで、どの薬剤をどのようにブレンドしてカラーしていくかが、わかっていれば必ず!


お望みのお色に、仕上がりを感じられると思います。

 

 

お客さま一人一人に合わせた調合をしていきます。

お客さま一人一人に合わせた調合をしていきます。

 

 



当店カロンでは『白髪染め』という薬剤は使わずに、独自のブレンド方法によって、『ファッションカラー』で、深く濃い茶色、明るく透け感を出す色、メラニンの色、白髪の白い透け感を潰すためのちょっとの黒みを、皆様に合わせて一つ一つ丁寧にブレンドしております。


すでに何回も繰り返し染めている毛先の部分にはトリートメントカラー(低アルカリカラー剤、弱酸性カラー剤)を使用して施術していきますので、傷まないカラー、潤いに満ちた艶めくカラーもお楽しみ頂けます。


本気の一色染めで、本来の楽しいヘアカラーを是非!お試し下さい!



お気軽にご相談ください(^-^)/

 

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ