市販品は洗浄力が高く





ほとんどが水で作られています



美容室のシャンプーは



洗浄力がマイルドで




栄養分がたっぷり入っています♪

市販品シャンプーと美容室シャンプーの違い

  • 2018年05月13日
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン
市販品に多く入っている
 
ラウレス硫酸ナトリウム
 
 

これは洗浄成分なんですが
1.泡立ちがいい
2.洗浄力が高い
3.原価が安い
という特徴をもっています
この中の洗浄力に注目してもらいたいんですが
凄く強力な力を持っていて
頭皮の脂を必要以上に落としてしまいます(¬_¬)

その結果
頭皮が乾燥して
 
フケ、かゆみの原因になること
 
カラーの色落ちや美容室でしたトリートメントの持ちが悪くなる
といったことを引き起こします





カロンで取り扱っているCOTAのアイケアは
ラウロイルメチルアラニンナトリウム
という洗浄成分が入っているんですが
1.泡立ちがいい
2.洗浄力がマイルド
3.原価が高い
という特徴をもっています☆
こちらも洗浄力に注目してもらいたいんですが
洗浄力がマイルドなので
 
頭皮への刺激性が低く
 
皮脂を取り過ぎないので
 
乾燥させず頭皮を健やかに保つことが出来ます
shine
 
 
そして
市販品は約1割が成分で残り9割が水で作られているのに対し
アイケアはなんと44%が成分で出来ています
 
 
 
 
成分量が44%というのは液体のMAXの割合と言われ
それ以上になると個体になるので
限界まで栄養分を入れてあるシャンプーになってます
つまり
市販品は洗浄力が高く
ほとんどが水で作られています


美容室のシャンプーは
洗浄力がマイルドで
栄養分がたっぷり入っています♪
これを参考に考えて頂けると嬉しいです。

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ