一人一人に合った色を選んでカラーしていきます!

黒髪の色とメラニンの種類を診断してカラーしていきます!

  • 2018年01月06日
  • ヘアカラー
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン
黒髪といっても、人それぞれです。ヘアカラーしたときに、出やすい色や出にくい色もあります。 私たちは、美しい黒髪で生まれてきました。 今ではファッションの一貫としてヘアカラーをすることが当たり前に… カラーをしていく上で最も重要なメラニンのいろ、特徴と傾向についてご紹介します。

黒髪といっても、人それぞれです。ヘアカラーしたときに、出やすい色や出にくい色もあります。
私たちは、美しい黒髪で生まれてきました。
今ではファッションの一貫としてヘアカラーをすることが当たり前に…

大きく分けて黒髪の色は4つあると考えています。
(細かく分析するともちろん、一人一人の色があります。)



①黒髪赤系
髪が太く、ずっしりとした質感。明るくなりにくいです。薬剤の反応に時間がかかりやすい傾向があります。
ピンク・レッド・オレンジがで綺麗に発色しやすい。

②黒髪青系
赤系の人よりも、明るくなったように見えにくいです。不透明感と濁りを感じます。
ブルーブラック、ダークカラーが綺麗に発色しやすい。

③黒髪黄系
髪が細く、芯はしっかりしているが軽さのある艶やか質感。明るくなりやすいです。薬剤の反応もしやすく綺麗に色が出やすいです。艶も透明感も出やすい。逆に、暗くしたいときには濁りがないために、暗くなりにくいです。
何色でも綺麗に発色しやすい。


④黒髪グレー系
髪が細く、もともとドライな質感。ホワッとしたクセがある傾向があります。
薬剤の反応が通常の1.5倍くらい良いために、明るくなりやすい、色が抜けやすいです。
アッシュ系など寒色系が発色しやすい。
ブリーチを使用しなくても、ハイトーンになれる。

まだまだ、細かく分析した傾向と特徴がありますが、毛髪診断するうえで、重要なポイントです。

素材の持つ、メラニンの色を参考に

仕上がりイメージに対して、必要な工程や、使用薬剤の選定をしていきます。

思い通りの色がでなくてお悩みでしたら、ぜひ、メラニンの色味を診断してみてください!(^-^)/
明るさによってアンダートーンの色が変わることを理解した上で、理想の仕上がりにプランニングいたします。

銀座いたまないヘアカラー&ヘッドスパ
大人の髪悩みを解決できるサロン
思い通りの色に
メラニンの色味を診断
日本人の髪の毛の特長を知れる
色が長持ちする

カロン

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ