根元の白髪も毛先の黄色も綺麗にカラーリングするには?

白髪染め悩みの30代向け!毛先の黄色は嫌だけど明るくしたい!

  • 2017年10月01日
  • ヘアカラー
  • 投稿者:calon_user
  • 銀座でカラーのプロが、あなたの髪を艷やかで潤いのあるヘアカラーにします。美容室カロン

白髪染めをした直後、生え際から約5cmほどの位置まで暗くなる。黒っぽくかんじる。明るくしたまま白髪も染めていきたいから、生え際だけのカラー(リタッチカラー)だけにする。

リタッチカラーだけをしていると、毛先がパサパサして、真っ黄色に色が抜けてきてしまう。

黄色くなったのが嫌で、相談すると、白髪染めの生え際の薬剤を毛先まで伸ばして色を合わせたり、もしくはシャンプーの時に乳化という作業で色を一時的にいれて、なじませる。

 

という、施術をされていませんか?

 

白髪を染めながら明るくするのって難しい、、、

白髪を染めながら明るくするのって難しい、、、

もし、このような施術でご満足されている場合、なんの問題もございません!一般的な美容室での施術内容であります。

 

しかし、生え際を綺麗に染める、カラーをしたい!って思うタイミングは、「好きな印象」「守りたい印象」「イイ感じ」「可愛い自分」「いつも最高な自分」になるための仕込みが必要になってきているタイミングであり、「白髪を隠す」ために美容室にカラーに行くわけではない気がしております。

 

特に、30代の皆様はヘアカラーをしている生活感があたりまえの環境である世代と感じております。私も30代ですが、同じくヘアカラーをしている明るいカラーをしているのが自分と認識しております。

だからこそ、

「白髪染め」=黒っぽくなる

事を、受け止めたくても受け止めにくいです…

 

60~70代の世代のお母様世代の皆様は、20代の頃はおしゃれのために茶髪にする文化はそこまで定着していなかったように感じます。

 

だからこそ、

「白髪染め」=黒っぽくなる=バージン毛に戻れる=若返る

が成立するような気がしております。

CALONでは、白髪を染めながら明るくすることができます!

CALONでは、白髪を染めながら明るくすることができます!

 

(もちろん、ファッションに敏感な大人女性の皆様は、年代に関係なく時代、流行に合わせて茶色にしたり、ヘアカラーをするのが当たり前になられている方もお大勢いらっしゃいますヽ(´▽`)/)

 

30代の白髪悩みをスマートに解決できるように、私の働いているCALON[カロン銀座]ではファッションカラーだけで、4色(透明感を作る薬剤、色調を整える薬剤、ニュアンスの色彩をプラスする薬剤

、白髪を染めるためのクリアな黒み)ブレンドして白髪も染めて、黒髪も透明感のあるやわらかい状態に染めております。

ファッションカラーだけでブレンドして染めた方が

一人一人の毛髪の状態に合わせやすく、白髪も綺麗に染まります。

30代の白髪が出始めた時は、尚更です。

白髪染め専用薬剤の染料が濃すぎてしまうのです。

濁りも強く、硬く、地味になった印象に感じやすいのです。

 

白髪染め専用薬剤で染めずに、ファッションカラーの白髪も染められるブレンド方法で、いつもの自分と変わらない印象をたのしみませんか?

 

銀座いたまないヘアカラー&ヘッドスパ
大人女性の髪悩みを解決できるサロン
明るく染められる白髪染め
やさしい茶色の白髪染め
ファッションカラーだけでブレンドする
白髪染め
プロフェッショナルカラー
カラーにこだわるサロン
カロン

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ