大人のカラーリング施述方法(おしゃれ染め・白髪染め)

{ colour }

befor

痛んでる髪

根元が、伸びて毛先に向かって痛んでる状態です。1ヶ月前にカラーをして髪の色が退色しています。傷んではいないように見えますが毎日のアイロンで髪の手触りは悪くなっています。
明るめのカラーリングのせいで透明感もあり暗くすると沈んでしまう可能性があります。

befor

根元が伸びてる

根元が伸びている状態です。ダメージが少ないですが明るめに染めているために退色しています。毛先を暗くすると根元が明るく染まってしまう可能性があります。注意点です。

カラーリングをする前です。

始めに、カロンでは毛髪診断を

させていただきます。

機械ではなく、手触りだったり

長年築き上げてきた美容師としての

経験から

油分の量や水分量のダメージレベルによる

毛髪の損傷具合などを、

問診と目測ではかります。

予測をして傾向を知り薬剤を

選定をします。

髪には、ダメージが進行しないように、

根元の薬剤と毛先用の薬剤と

作り分けて塗布します。

いたまないヘアカラー

トリートメントカラー

ホイルワーク

ホイルワーク

暗くなりすぎないよう仕上げます。動きを感じるカラーリングを仕上げるためにホイルワークをします。ホイルワークとは部分的に明るくしたり暗くすることでシングカラーでは出来ないカラーリングが可能になります。
白髪染めで暗くなりすぎてしまう場合や立体感や3Dカラーなどのいろいろなカラーのバリエーションを作ることが出来ます。
個性を生かしたオリジナルのカラーリングが表現できます。
サロンでは、似合わせる方法として使われるテクニックや自然に明るく見えるようにカラーリングをする方法として提案させていただいています。

カラートリートメント

綺麗な髪色

カラーをする前に、処理剤を使うとよりしっとり艶やかな仕上がりになります。
トリートメントといよりも髪をコーティングして保護し保湿や水分量を安定化させます。
仕上がりにはツヤ感がある仕上がりになります。

痛まないカラーリング

ダメージしないカラーリング

根元には、アルカリカラーを使用します。
明るくするためにアルカリと過酸化水素を混ぜたものを塗布します。
基本はメラニンを削らないといけないので髪が傷むカラー剤を使用しますが、毛先の明るくなっている毛髪にはアルカリが低いものや酸性の領域にあるものを使用することで髪は傷まないようにカラーをする事が出来ます。
ほとんどのサロンが根元用の薬を使いそのまま毛先にまで伸ばしカラーをするテクニックをしていますが、
カロンでは、ダメージレスにカラーをする事を、心掛けているので毛先には毛先用のカラー剤を使用してカラーをさせていただいています。
仕上がり感、ツヤ感、手触り感が違う仕上がりになりダメージレスにカラーをする事がで可能になります。

3Dカラーのカラーリング

3Dカラーリングは、ホイルワーク

ホイルワークは、シングルカラーとは違った表現になります。時には、明るく見えるようにするため、
時には暗くなりすぎないようにするために、ホイルワークをします。
そのほかにも、外国人風のカラーリングや、デザイン性を感じるカラーリングをしたい方、
自然に明るく見せたい方にもオススメのテクニックです。

綺麗な髪色のカラーリング

綺麗な髪色のカラーリング

ツヤを感じるカラーリングに仕上がりました。ハイライトの部分が立体感や柔らかさを表現しています。

後ろ髪美人

綺麗な髪色

後ろ姿もツヤのあるカラーリング仕上がっています。ハイライトを入れたことで毛先まで沈なく見えます。

綺麗な髪色

美髪

カロンの最大の特徴である。根元のカラー剤と毛先のカラー剤を作りわけます。何をするかというと、根元には明るくするためにアルカリカラーを使います。
毛先には、ダメージレスな、カラーリングをしたいので、底アルカリのカラー剤(アルカリが低いので髪の毛に対して安心してダメージレスなカラーリングができます。)
そして、カラー剤には11種類のアミノ酸を配合したトリートメントジェルを、混ぜて行きます。仕上がりと手触り感はしなやかに艶髪になります。

美しい髪色

銀座大人のヘアカラー

艶があり、手触りが良くサイドの色を綺麗に感じるカラーリング、カラー後にはカラー前より手触りが良く艶のあるカラーリングに仕上るようにカラーリング、

銀座白髪染め

綺麗な明るい白髪染め

カロンでは、白髪染めをする場合に、白髪染め用のカラー剤は使用していません。
ファッションカラー剤でカラーをするようにしています。

なぜ使わないのか?

仕上がりが黒くなりすぎないからです。

同じ黒でも黒すぎない黒でカラーリングができるからです。
明るい白髪染めも、同じように黒味を感じない白髪染めが可能にできます。

毛先には低アルカリのファッションカラーを使用します。

低アルカリを使うことで綺麗なツヤのある髪としてカラーが仕上がります。

髪を乾かす。奇跡のドライヤーで乾かす。

髪を乾かすコツ

乾かす時も注意しましょう、毛先や表面の部分より根本を中心で乾かしましょう。
毛先は、自然に乾きます。
そのとき、オーバードライにならないようにすることと、中間から毛先には、オイルなどをつけて
保護をしながら乾かすとより綺麗になります。

パサつかないカラーリングは、トリートメント方法

ダメージのカラーリング方法

前処理を、使いながらカラーリングすること。
カラー剤を根本用と毛先用と使い分けること。
毛先にカラーをする場合にトリートメント効果のある処理剤を混ぜること。
カラー後には、水素トリートメントで、活性酸素を除去すること。
乾かす前に、オイルなどを使いながら乾かすこと。

カラーリング失敗しないコツ

カラーリング失敗しないために

放置時間について、ファッションカラーは20分起きます。
白髪染めの場合は30分起きます。
カラーとは、参加重合剤で色が発色するようにできています。
完全酸化を促すことで、色が綺麗に発色しやすく退色しにくくなります。
カロンでは、完全発色させながらカラーをするようにカラーリングをしています。

綺麗な色持ちがいいカラーリング

綺麗な色持ちがいいカラーリング

髪の美しさは、ツヤで表現されます。天使の輪が感じるように髪を美しく染め上げます。

東京カラーリング白髪ぞめのコツ

東京カラーリングのコツを教えます。

ダークカラーにしても髪が傷まない理由

銀座カラーリングのコツ

カラーリング方法を、銀座で体験しませんか?

銀座痛まないカラーリングのコツ

痛まないカラーリングのコツは、カラー剤を使い分ける。

 

 

カラーシャンプーの、手触りはサラサラ髪色

 

ロイドカラーシャンプーを、美容室でオススメする。

銀座カラーリングのコツ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ