水素ヘアートリートメント

{ 水素が髪を救う }

水素ヘアートリートメント

水素の『抗酸化』ぱわーは、活性酸素を退治する力があります。

そのパワーをヘアケアーに対応したものが『h2ヘアートリートメント』

カラーリング・パーマで発生する大量の活性酸素は、

放っておくとダメージや抜け毛、白髪の原因になると言われています。

『H2ヘアートリートメントは』水素水や水素サプリメントとはことなり

髪・頭皮に『直接』水素を送り込み集中的にダメージを補修することができ

さらに紫外線から髪を守る、新発想のヘアートリートメントです。

ヘッドスパ水素

水素ヘアートリートメント

頭皮、フケ、白髪ケアー・カラーリング。ブリーチに活性酸素を除去できる。

水素でヒドロキシラジカルを除去できる!

活性酸素とは、

活性酸素は、私たちの体を守ってくれますが、過剰に増えすぎると、場合によっては、『老化をはやめる』という説もあり活性酸素のコントロールが、若々しさをの鍵であることが解っています。

活性酸素を退治してくれる『抗酸化パワー』を持つ美質は、

ポリフェノール・ビタミン・カテキン・フラボノイド

などが代表的ですが、活性酸素にアプローチする

にはこれらを大量に摂る必要があり、現実的ではありません。

そこで、最近では、最も小さな元素であり効率の

良い抗酸化パワーを持つ水素が、注目を集めています。

水素は、悪玉活性酸素のみに反応し、無害な水へと変えてくれます。

さらに、その小ささから、体の隅々まで行きわたりやすいという

特徴を持っています。

水素が、退治する『悪玉活性酸素』は、

酸化が非常に強力で、髪に色をつけるメラノサイトを

(色素細胞)や毛髪をつくりだす毛母細胞を傷つけ、髪を白くしたり髪が生えてくる機能を低下させ、薄毛・白髪を引き起こすといわれています。

悪玉活性酸素は、紫外線・ストレス・喫煙などの刺激、

カラーリング・パーマなどの施術でも大量に発生しています。 

カロンでは、お客様の頭皮や髪のことを考慮して

水素トリートメントを始めさせていただきました。

白髪や薄毛にお悩みの方にも、オススメです。

サロンでも自宅でも購入していただき自宅ケアも

可能です。頻繁に白髪染めで頭皮にダメージが気になる方や、

エイジングケアで綺麗に保ちたい方にもオススメです。

もちろん他店の施術後に頭皮と髪の過酸化水素による、

活性酸素をケアをされたい方もオススメのメニューになるので

ぜひ、ご相談を承ります。

 

男性も女性も薄毛に悩んだり髪の立ち上がりが、

細毛に悩んでいる方にも

是非、このコースを、オススメします。

単品のトリートメントメニューとしても

カラーやパーマのメニューと同時に施術も

エイジングケアメニューのトリートメントとしても

活性酸素

活性酸素

カラーリング。パーマと活性酸素の発生

一般的なカラーリング・パーマ剤には「1剤」「2剤」があります。

カラーリングは1剤と2剤を混合、パーマは1剤の後に2剤を塗布して使用しますが、この時大量の「活性酸素」が発生します。

よってお手入れ後は専用の薬品でアルカリを中和し、

過酸化水素を除去するのが一般的です。

しかし、残留した過酸化水素により活性酸素が、

発生し続ける可能性があります。

活性酸素が、髪・頭皮で発生し続けるとだめーじの原因

となることはもちろん、毛髪の主成分であるケラチンタンパク質を構成する結合を分解してしまうこともあります。

(これによりパーマがかかりにくい髪になることがあります)

また、エラスチンやコラーゲンといった保湿をしてくれる

タンパク質を破壊するとも言われており、

頭皮の水分量がへると抜け毛・うすげ・しらがのげんいんや

顔のたるみ・しわの原因にもつながります。

さらに活性酸素はしがいせんのダメージを助長します。

これらのりすくから髪・頭皮をまもるためににも

過酸化水素の除去が重要なことだとわかります。

水素の頭皮ケアー

水素の頭皮ケアー

水素ヘアートリートメントのご紹介動画です。

水素ヘアケアー

水素でヘアケアしよう

水素と髪の毛、頭皮の関係

水素水が美容業界で注目されている
発起人としてカロンも参加しています。
 
ヘアケアや薄毛対策にも効果があるという情報があります。
実際にGoogleなどの検索エンジンで調べてみると
美容室関係のページでも水素という単語を多く見かけます。
 
検索サイト「ホットペッパービューティー」で「水素」と検索してみるとその注目度合は明らかです。
水素で頭皮も髪も素髪に戻る

水素で頭皮も髪も素髪に戻る

検索結果に「水素トリートメント」や
「水素水髪質改善」など美容室
ここまで美容院、美容室が水素に注目しているという事は、
実際にヘアケアに効果がありそうだと推測できますが、
どういう理由で水素水がヘアケアに適しているのでしょうか。
なるほど、気になります。
本当に効くのでしょうか?絶対効きます。髪が素髪に戻る感じです。
根元の立ち上がりや髪の柔らかさなどが、よみがえります。

 

ブリーチ毛を、綺麗にする方法

ブリーチ毛を、綺麗にする方法


水素でヘアケア、頭皮ケアをしよう

紫外線や整髪料などに含まれている化学物質が髪の毛の内部の水分と反応することによって、

髪の毛や頭皮で「ヒドロキシラジカル」という悪玉活性酸素が発生します。

この悪玉活性酸素が発生することにより、切れ毛や枝毛など様々なダメージヘアの原因になります。

髪の毛に水素がダメージヘアの原因となりうる悪玉活性酸素を除去してくれます。

さらにパサつきの原因である乾燥対策、

保湿ケアにもなるので一石二鳥のヘアケア(頭皮ケア)になります。

 

果たして水素水は効くのか?

でも、このひどろしきラジカルが問題らしいそこに効くのは水素のみ

と言うこともなんとなく理解できる。

黒髪のカラーリング

黒髪のカラーリング


水素は育毛、薄毛対策に効果があるのか?

薄毛の原因の1つとして、髪の毛をつくりだす為の元となる「毛母細胞」が傷つき

働きが弱まる為だと言われています。

毛母細胞が傷ついてしまう要因の中には紫外線や整髪料による悪玉活性酸素の発生が考えられます。

悪玉活性酸素とは、整髪料からも出るのか?知らなかった。 

薄毛の要因が悪玉活性酸素であれば、

水素を利用する事によって安全に、しかも効率的に除去する事ができるという訳です。

なぜかというと空気中の中にあるものだからです。

水素での育毛効果、薄毛効果というのは、これまでの育毛、薄毛対策にあるような

「髪の毛や毛髪を作る細胞に栄養素を足す」という仕組みではなく、

要因となる悪玉活性酸素を除去し細胞や髪の毛そのものを健康に保つ、

または健康な状態に戻す作用だと考えられます。

水素によって毛母細胞を健康な状態に戻す、

結果として薄毛対策や育毛に繋がるのではないでしょうか。

サロンでの1回では、効果が薄いので週に1、2、3回のホームケアーも大切になってきます。

・紫外線や整髪料が原因となり、髪の毛や頭皮に悪玉活性酸素が発生してしまう
・髪の健康を害する要因が悪玉活性酸素であれば、水素で対策する事ができる

 仕組みは、いろいろ理解できてきました。

悪玉活性酸素を、還元することが大切なのですね。

 

水素水で髪の毛がサラサラになる!?

なるなるそれは感じます。

脂のサラサラというより素髪のサラサラ、ハリ感など感じます。 

水素を髪の毛に体験された方は、ご自宅でのケアー商品も購入される方が多いいです。

そして、自宅ですることでより髪の毛がサラサラになったと聞くことがあります。

ですが、髪の毛がサラサラになる事と水素の関係に関して、

現在では科学的根拠の研究されていないようです。

これからの分野でしょう、

しかしカラーやパーマ、ストレートなどにより

活性酸素が生まれることは間違いないでしょう、その、活性酸素を取り除くだけでも

髪のダメージの進行を抑えることには、とても効果的なので、十分な結果が得れると思います。

髪の毛がサラサラになる要因は?

髪の毛をサラサラに保つ為には、髪の汚れを落とし、地肌環境をキレイに保つ事が重要です。

「頭皮クレンジング」などという言葉も最近よく聞くようになりました。
この「汚れを落とす」という点で着目した場合には水素がとても適していると思います。
例えば水素水は現在、半導体などの精密機械の洗浄などにも利用されているようです。

水素バブルとも言うそうです。

水素はとても小さい為、微粒子などの汚れを浮かせて取り除くには最適だそうです。

水素が髪の毛や頭皮の汚れをキレイに落として、

結果として髪の毛がサラサラになるような効果があっても不思議じゃないと思います。

実際は、髪を触ると体感します、何かキューティクルなども綺麗になって手触りが良く感じます。

 

銀座カロンでは、生の水素をその場で作ります。

生の水素を髪と頭皮に塗布、スチームとキャップをつけて5分お流しをします。

水素のヘアートリートメントです。

水素のヘアートリートメントです。

水素で頭皮も髪も素髪に戻る

水素で頭皮も髪も素髪に戻る

カラー後、ストレートパーマの後のゴワつく髪に最高の仕上がりに

色の褪色も少なく活性酸素もとりのぞけます。

その後も、髪のダメージも進行しにくいので安心です。

 

もし、水素を試したい方がいましたら

是非、サロンスタッフまでお声掛けください。

サロンのメニュー予約欄にもありますので水素ケアートリートメント付きカラーリングを

お試しください。

サロンのホームページはこちら

オススメ美容コンテンツ

{ Beauty contents }

topへ